有限な時間をどう使うか

【名言】

なにをしないのか決めるのは、なにをするのか決めるのと同じくらい大事だ。

スティーブ・ジョブズ

【解説】

私達は足し算は得意ですが、引き算は苦手とする傾向があります。

もっと頑張れ!
妥協してはいけない!
断ってはいけない。

しかし、時間は有限です。

人生であれもこれもできないので、やらないことを明確にするのはとても重要です。

メルマガ抜粋

~☆☆☆~

石田より

時間は有限です。

目標が達成できないのは時間管理ができていないからだとブライアントレーシーは言っています。

夢を叶えやりたいことをやれるようになるためにはやらないことも決める必要があるようです。

忙しいと言っている人のスケジュールを見るとスケジュールでいっぱいになっている人が多いようです。

時間が空いているのが不安なのか、忙しくしているのが当たり前になっているのかもしれません。

そのため空いているとついつい予定を入れてしまっている可能性もあります。

もしくは疲れていてストレスが溜まり、無駄な事に時間を使っている可能性もあります。

ストレスが溜まる原因は目先の事や緊急なことばかりに時間を奪われているからのようです。

ストレスを溜めず、1日を充実させ夢を叶える方法は緊急でないけど重要なことをまずやる時間をつくることです。

世の中の成功者が早起きの人が多い理由は誰にも邪魔されない時間を作り、朝の一番疲れていない時間に重要なことをこなすためだそうです。

朝の3時間はゴールデンタイムと言われ、1日のうちで一番生産性が高いと言われています。

朝の15分は夜の1時間に相当すると言われています。

朝起きてから4時間から5時間後には脳も疲れてきます。

昼を食べると誰もが普通は眠くなり、生産性も一番低い時間帯だそうです。

グーグルではわざわざ仮眠室を設けて仮眠の時間を設けているそうです。

15分から20分の仮眠がいいと言われています。

夕方くらいにエネルギーがまたアップしてくるようなので、その時間に重要なことをやるのもいいかもしれません。

軽い運動をするとリフレッシュになり、脳からドーパミンが出てやる気が上がるそうです。

朝に瞑想をしたり朝食後軽い運動をする成功者も多いようです。

エネルギーを高め、生産性の高い時間帯に重要なことをやることを優先していけば、緊急なことも少なくなり、ストレスも減り、無駄な事に時間を使わなくなれば、時間に余裕ができ、緊急なことにもむりなく対処できるようになっていきます。

一日の自分の時間の使い方を見直すことから始め、理想の1日の時間を使い方を考えることで、いきなりできるようになりませんが、すこしずつ改善することでできるようになっていくと思います。

理想の1日の積み重ねが理想の人生を作っていきます。

できない理由を考えると思考はストップしますが、どうやったできるか考えれば、ヒントややり方が見えるようになってきます。

========================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。