博士のつぶやき

子ども対象のワクチンは、世界的にみると「高級品のようなもの」と専門家が言ってましたね。子どもの感染リスクは低いし、発展途上国は高齢者や医療関係者でさえ受けていない。
子どもへの臨床の結果、「極めて低い確率だが、心筋炎のリスクが上がる」ということらしいです。
こういう臨床研究って、参加した子ども、許可した保護者のおかげで成り立ちます。「集団にとって子ども接種が有効」いやいや「リスクの方が高い」と判断され、集団接種が決まります。
自分がその立場だったら、子どもを臨床に参加させないだろうなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。