自分の弱い部分も認める

【名言】

強いというのは、
スーパーマンになることでなく、
自分の弱い部分を認められるということ。

加藤諦三

【解説】

認めたくない部分、
秘密の部分、受け入れられない自分は
誰にでもあるものです。

「私はポジティブだからない!」
という人も、その光を作りだしている
強い影があるものです。

問題は光を見ることで、影を見ていないこと。

しかし、それはあるがままの自分を愛している
ことにはなりません。

あるがままの自分でいられる人こそ、
人の弱いところを認められ、
自分の失敗にも寛容になれます。

そういう人こそ、強い人です。

メルマガ抜粋

~☆☆☆~

石田より

人間は完璧にはなれないようです。

不完全だからこそ、まだまだやれば可能性があるし、
謙虚でいられます。

自分は何でもできると勘違いしてしまうと
傲慢になってしまうようです。

ビジネスで大成功できる人は
自分の強みを活かして、弱い部分は
できる人にやってもらいます。

自分でなんでもやろうとするには
時間の制限があり、限界があるからです。

ただ、依存だとうまくいきません。

自立した者同士がお互い強みを活かして、
組んで相互依存の関係になれば、うまくいくようです。

夫婦関係もお互いに欠点を指摘しあうのでなく、
長所を生かして、お互いカバーしあえると
うまくいきます。

まずは最低限の
努力はして自分の事はできるようにしていく事が大事です。

ただ、どんなに努力してもできないことも
あるかもしれません。

人間はタイプがあり、得意不得意は
必ずあり、全部マルチでできるようになる人は
いません。

特にとびぬけた人たちは何かは
優れていても何かはできないようです。

できないことにフォーカスするのでなく、
自分が努力できること、得意なことを
磨き、そうでないものは得意な人に
頼るといいようです。

完ぺき主義は低い基準といわれるように
自分に完璧を求める人は人にも完璧を求めてしまう
そうです。

できないところを見てみぬふりをするのでなく、
自分にはそんなところもあるなと認め、
寛容になる事も大事なようです。

自分に寛容になれば、他人にも
寛容になれます。

あるがままの自分を認め、
得意なことや好きなことを磨いて
いけば、だれでもなりたい自分に
なっていけます。

自分の得意なこと
好きなこと
努力できることは何ですか?

どんなに頑張ってもできないことは
何ですか?

すべてを認め、
頑張って生きてきた自分をほめてあげましょう!
そして、さらによりよい人生にするために
自分の得意分野を見つけ磨いていきましょう!

普通の仕事はどんなに頑張っても限界がありますが、
私たちはモリンダビジネスという
理想の健康と理想の人生を手に入れることのできる
手段を知っています。

モリンダは累計でわずか20年くらいの間に
ミリオネアを300人以上生み出している会社です。

これは300人しかなれないのでなくて、
本気でなりたいと思い、時間と努力を惜しまず、
行動することで誰でもなる事ができます。

普通の会社は完全なピラミット組織ですから
いつ部の人しか上にはいけません。

私もせいぜい会社だと優秀な人との競争になるので、
課長(月収40万くらい)になれればいいだろうというイメージでした。

モリンダは自分がどれくらい頑張るかですから
競争する必要もありませんし、
自分が登録と同時にビジネスオーナーですから
上司に気を使う必要もありません。

成功すれば、人生の可能性を広げ、
自分の可能性を伸ばして、今までと
違った人生を生きていくことができます。

モリンダで成功するために何を学び
何を実践していったらいいですか?

モリンダで生かせる自分の強みは何ですか?
自分の不得意なところは何ですか?

その不得意なところを持っている人を
リクルートするといいかもしれないですね!

========================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。