変化を楽しむと人生の波を乗り越えることができる

最近は「変化の激しい時代」という言葉が
世間で飛び交うようになりました。

実際、ビジネスも生活様式も
ここ数年だけでも大きく変わっていますので、
この表現は的確でしょう。

ただ、この「変化の激しい時代」という言葉が
ネガティブな意味に使われすぎていると私は感じます。

というのも、「変化の激しい時代」には、
ポジティブな面も多くあるのです。

とくに、個人事業主や起業家にとっては、
変化の激しさは追い風になりやすいでしょう。

なぜなら、変化の激しければ激しいほど、
新参者が成功しやすいからです。

たとえば、IT業界は変化が激しく、
今年人気だったアプリやツールが
1~2年もすると衰退していることがよくあります。

ですが、だからこそ新しい会社が
今からでも成功しやすいのです。

また、消費者にとっても、不便なものが淘汰され
より便利になっていくと言えます。

変化を受け入れて努力を続けた人が、
正当な評価を受ける世界なのです。

逆に、電力業界などは変化がなく、
ずっと同じ会社が牛耳っていますよね。

電力の自由化などがはじまっても、
事実上は勢力図が変わりません。

ヒドい経営体質が何度か世に暴露されましたが、
古い会社が既得権益を握り続けています。

こういった変化のない業界では、
新参者がどんなに努力をしても成功できない。

ビジネスで成功するのは、
間違いなく変化を好むタイプの人です。

変化の激しい業界に飛び込んでいき、
楽しみながら努力をする。

小さな成功をしても思い上がらずに、
謙虚にさらなる成長を目指す。

こういった人は、変化の激しい時代だからこそ、
どんどん活躍して成功していきます。

さて、あなたは変化を楽しめますか?

メルマガ抜粋

~☆☆☆~

石田より

変化を楽しむこと大事かもしれません。

毎日ずっと同じことをしていても
人生で違いを生みだすことはできません。

ある意味、平穏で何もない人生があったらいいような気がしますが
それだと衰退しかないようです。

人間も年をとって、どんどん老化していく人と
そうでない人の違いは何か新しい事にチャレンジしたり、
新しいことを学び、脳を刺激しているかどうかが
大きいようです。

私たちはすべての能力を発揮しきることはないようです。

脳細胞もほっとけば死滅していく一方です。
1600億個ある脳細胞が1日10万個以上死滅していくそうです

それと同時に刺激をすることで脳細胞は増えていくそうです。

何もしないで毎日同じことをしていると脳細胞は
死滅していく一方です。

最近コロナで家に閉じこもりがちになった
お年寄りの認知症が問題になっているそうです。

毎日、テレビを見ているだけでは筋肉も衰え
脳細胞はどんどん死滅していきます。

家でちょっとした運動をするだけでそれが
予防できることが分かっているそうです。

運動こそ脳を鍛える最良の方法だそうです。

5分でできる簡単なヒットトレーニングとか
ストレッチ、もしくは簡単なウォーキングと
いったことをすることで脳の衰えを防ぎ
発達させることもできるようです。

瞑想もいいと言われています。

血流を良くし免疫も上げ、脳も
発達させることができるのですからいいですね!

良くないのはただ、毎日テレビをだらだら見ている
行為です。

テレビは思考停止装置といわれています。
決めてみるのならいいですが、マイナス情報も多く
やる気まで奪われ、消費させられてしまいます。

消費でお金を使ってしまえば、自己投資に
お金を使うことができず悪循環に
なっていきます。

そうならないために1日の中で
変化や刺激を取り入れていきましょう!

適度に体を動かすことをし、やる気に
なる情報にふれ、ポジティブな言葉を使っていけば
脳も活性化され人生は良くなっていきます。

生きているといろんな事が起きますが、
人生の荒波を乗り越えていくには
変化を楽しめるといいようです。

最近はリモートワークというのが
当たり前になり、企業の50%は
対応していこうとしているようですが、
通勤時間が無くなることで、住む場所も
自由になり、働き方もより自由になっていきます。

ただ、自己管理ができるかどうかでこれに対応できる人とそうでない人で
二極化がすすんでいくと言われています。

自由には責任が伴うといわれるように
自己管理ができるようになれば、これからの
時代はますます自由に生きやすい世の中に
なっていきます。

最近ではユーチューバーなる人たちが当たり前になりました。
モリンダビジネスもビジネスの進め方もより柔軟になっていけば
今までめんどくさいと思い参加しなかった人が参加してくる可能性がありますね!

========================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。