健康論文

運動はやはり死亡率を下げる(運動強度より立ってる時間が重要)
36000人以上(平均63才)を対象にしたメタ分析です。活動計をつけてもらい、亡くなった方のデータをみます。1日9時間以上、座った状態にいる人は、亡くなるリスクが高くなります。
運動強度を高めても、さほど影響なく、立つ時間、移動時間が長いと長生きするようです。

FBライブもいいですが、セミナーに来てもらったり、友達のところに遊びにいったりするのは、健康にとっても良いことです。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31434697

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。