闇があるから光がある

【名言】

「闇があるから光がある」
そして闇から出てきた人こそ、
本当に光のありがたさがわかるんだ。

世の中は、
幸福ばかりで満ちているものではない。

不幸であるから幸福がある。

そこを忘れないでくれ。

小林多喜二

~☆☆☆~

石田より

そうですね!

人生楽ありゃ苦もあるさ

水戸黄門の番組でよく聞いていました。

バイオリズムがあり、なぜだか常に絶好調というわけには
いきません。

スポーツの世界を見てもいいときもあれば、
スランプの時期もあります。

ワンシーズンを通して、常にいいとは限りません。

そして人が成長するカギはこのスランプの時期を
どう過ごすかにかかっているようです。

駄目だと思ったらだめになりますが、
この時期にベストを尽くし何を改善し、
いい状態にしていくかがよりよい選手に
なっていくかのカギです。

常にいい状態だと傲慢になり、人は努力しなくなり
惰性で生きていくことになるかもしれません。

もうこれでいいと思ったら、努力しなくなり
成長がストップします。

成長がストップするだけでなく
現状維持は退化と言われるように
衰退がはじまるようです。

だから自然に任せるのでなく意図的に
少し上を目指し、負荷をかけ成長する努力を
した方がいいようです。

人間は慣れる生き物で同じことを繰り返していると
マンネリ化していきます。

だからジェットコースターや映画など
レジャー、スポーツ観戦、ショッピングで
刺激を求めるのかもしれません。

年をとって、老け込まないために
常に新しいことにチャレンジしたり
運動したり、学んだりするのもいいようです。

自分を高めたり、悟るということはある意味
自分を克服し、自分を乗り越えていくこと
です。

乗り越えるために学びや練習が必要です。

脳と筋肉を鍛えている人は
いつまでも若々しいようです。

脳と足腰の筋肉を衰えさせないように
することがいつまでも若々しさを保つ秘訣のようです。

毎日同じことを繰り返していると
脳も筋肉も年とともに衰えていきますが、
新しいことを学び、足腰も程よく
刺激していくことでドーパミンやセロトニンを
だすことができ、若さを保つことができるようです。

うちの近くでもどちらかというと
奥さんが旦那さんを介護している場合が
多いようです。

奥さんは家事や洗濯を掃除をしますが、
旦那さんは仕事をやめてしまうと何もすることがなくなり
家でゴロゴロしてしまった結果そうなっているようです。

歩けなくなっていたり、こけやすくなっていくので
ますます老化が進んでいくようです。

歩くことが一番大事なようです。

景色を見ながら歩くのが一番ですが、
コロナのような状況で外に出れなくなったら
ますます衰えていきますが、家の中でも
簡単にできる運動を考えおいた方が
よさそうです。

ステッパーとか踏み台昇降運動とか
家の中でできる自転車みたいなものとか
自重トレーニングでスクワットなども
いいと思います。

階段の上り下りで息切れする場合はやった方がいいかもしれません

マンションの場合はわざわざエレベーターを
使わず階段を使って上がっていく人もいます。

それだけでも毎日負荷をかければ
全然違うと思います。

普段楽をしていると日常がきつくなっていきますが、
普段少し負荷を意識的にかけるだけで日常が
楽になっていきます。

できれば、楽をしたいですし、もともと
脳は怠け者で、現状維持を好みますが、
意図的にこういったことを選択していくことで
運もよくなり、人生が快適になっていくと思います。

1日の中で頑張りすぎもよくないですからオンとオフのメリハリを
つけるのが良いようです。

人から言われたことだけやっているセルフイメージが
低くなっていきますが、自分で決めたことを
やれるようになっていくことでセルフイメージが
上がっていくそうです。

こつは無理して頑張るのでなく
今より少し頑張ればできそうな事を
続ける事です。

そうやって少しづつ負荷を増やしていけば
人がまねできないレベルの事をやっている人に
なっているかもしれません。

夜明け前は暗いというように今が良くないのであれば、
上を目指してあきらめていない人にとって、良くなる前の
兆候ととらえてもいいようです。

未来の現実は今の受け取り方によって
変わっていきます。

未来を描いている人にとって
未来が原因になり、

今何をすべきが見えてきます。

========================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。