望む姿を明確にする

問題ではなく、望む姿に目を向ける

私たちの人生には、やらなければいけないことや、
未完了なことがたくさんあります。

仕事で、家庭で、友人関係で、コミュニティーで、いろいろな役割を抱えていると、
人は簡単に「うまくいっていないこと」や「やらなければいけないこと」に
目を向けて過ごしてしまいます。

しかし、それではストレスが上がり、動きが散漫になるだけです。

充実感を持って、モチベーション高く集中的に行動するためには、
「問題ではなく、望む姿に目を向け続ける」ことが大事になります。

収入アップであれ、ダイエットであれ、
部屋の片付けであれ、家族であれ、

大事になるのは、

・どういう結果を作りたいのか?
・どういう姿になりたいのか?
・どういう状態にしたいのか?

という「望む姿」に目を向けることです。

問題を見ると、なんとかしなきゃいけないと思うのは人の心情です。

しかし「マイナス」をいくら解決しても「ゼロ(平均)」になるだけです。

あなたが作りたい結果、望む姿を明確にすると、
あなたの人生に「方向性」が生まれます。

それがあなたの決意を高めるのです。

メルマガ抜粋

~☆☆☆~

石田より

潜在意識はいつも書いている通りで、
否定語も理解できないですし、
自分が何を望んでいるのか望んでいないのか
理解できません。

時間の概念もありません。

今想像していることが現実のように
思ってしまいます。

もしくはそれを現実化してほしいと
勘違いしてしまいます。

だからこそ、思考に注意を払い
思考を管理していく必要があります。

過去、もしくはうまくいっていないから
うまくいかないと思ってしまったら
永遠にうまくいきませんが、
自分の理想は望みを明確にし、
それをイメージすることで
潜在意識がそれを叶えるために情報や人、物
にアンテナをたて、探し出してくれます。

いつも考えている、もしくは紙に書いた目標や
夢を毎日眺めることでアンテナを張り巡らし、
膨大な情報の中から必要な情報を見つけ出すことが
できます。

うまくいかない人、思うようにいっていないと感じている人は
過去できなかったことや現実うまくいっていないから
これからもうまくいかなと思い込んでしまっているようです。

自分の今まで経験してきたこと、知っている範囲内で
物事を判断してしまいできないと思い込んでいるのです。

私たちはすべてのこと経験しつくすことはできませんし、
すべての事を知ることを知っているわけではありません。

私は時間が無限にあり、
すべて経験できるならビックカメラの店員として働いてみたいですし
旅行会社でも働いてみたいですが、残念ながら時間は
有限ですから他にやりたいことがあるので、できません。

何十億稼いでいる人がいるとか
何兆円資産を持っている人がいるとか不思議ですよね!

その人たちまでなれるかは想像できませんし、
なれる保証はありませんが、なれない人がいるだけで
絶対なれないとを証明できる人もいません。

なれるかなれないかは自分がそうなりたいと心から
思い、この世は行動の星ですから
そのために時間を惜しまず、努力をし続ける事が
できるかどうかにかかっています。

ただ、自分の無限の能力を信じ、
自分ならできると信じない限り無理ですが、
できないと思わない限り可能性はゼロではありません。

可能性は私たちの常識や知っている外側にあります。

学びながら実践していくことで自分の可能性を
広げていくことができます。

私たちは考えた通りの人間になっていくというように
そうならないとしたらその人がそうならないよと
思っているだけなのです。

もしそれが本当で、
何でも叶えられるとしたら、
本当はどんな人生を生きたいですか?

たくさん浮かんできた中で時間と
努力、もしくはお金を惜しまずやりたいことは何ですか?

========================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。