博士のつぶやき

米国の大気質基準は12 μg/m。この基準では、死亡率を下げることができない。16年間のデータ(6,850万人のメディケア登録者)の結果、空気の質の標準を10 μg/mに下げると、10年間で143,257人の命を救うと推測される。

https://advances.sciencemag.org/content/early/2020/06/26/sciadv.aba5692.full

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。