【ビタミンD】

【ビタミンD】

インフルエンザが流行する季節になりました。
ビタミンDがインフルエンザの発症を抑えるとの報告があります。
小中学生を対象にビタミンDサプリメントを使った試験を行ったところ、ビタミンDを摂取していると42%もインフルエンザの発症を抑えたことが分かりました。
ビタミンDは皮膚が紫外線に当たることで皮下脂肪から合成されますので、シミが気になるところですが、適度に太陽の光を浴びることが大切です。
また、食事やサプリメントからもビタミンDを取り入れることができます。
魚やキノコにはビタミンDが多く含まれますので、肌の露出が少ないこの季節は積極的に取ることをおすすめします。
ビタミンD不足を解消して、インフルエンザを予防しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。