AGE論文

AGEが引き起こす統合失調症のメカニズム。
統合失調症は血糖値が上がることで、症状が悪化することが知られています。そし、統合失調症の2割で、糖化ストレスの異常が見つかります。
理化学研究所、東大の報告によると、CRMP2タンパク質(神経の働きに関係します)が糖化され神経伝達に異常を起こすことがわかりました。

https://research-er.jp/articles/view/82764

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。