若さを保つ秘訣

☆若さを保つ秘訣

【名言】

どんな世界であってもいい、好きなものを1つ見つけなさい。

そして、夢を失うことなく、最後まで持ち続けなさい。

夢を持ち続ける限り、心も体も若さも保つことができます。

小出義雄

【解説】

実年齢と見た目年齢のギャップが大きい人がいます。

見た目年齢とは物理的なものと発するエネルギーやオーラを足し合わせて、相手が感じるものだと思います。

実年齢はコントロールできませんが、見た目年齢は自分で変えることができます。

その一つは、やはり好きなことをやって活き活きしていることだと思います。

メルマガ抜粋

~☆☆☆~

石田より

夢が叶うか叶わないかは、その夢が叶うまで夢を持ち続けることができたかどうかできまるようです。

夢はかなうと心から信じれていれば、その夢のことを考え続け、脳がその方法を寝ている間でも探し続けているようです。

夢を叶える能力がないのでなく、忘れてしまう夢が叶わないだけのようです。

もしくは夢なんて叶わないと心のどこかで思っているから考えなくなっているのかもしれません。

脳はグーグルの検索エンジンみたいなものです。

パソコンが世界中のインターネットとつながっているように、私たちの脳は潜在意識の深い部分で世界のすべてとつながり、答えを道きだしてくれます。

これが引き寄せというのかもしれません。

何を引き寄せるかは意識レベルによって変わってきます。

望みを明確にし、結果を焦らず自分の少し頑張れば、できることに集中します。

やりたくないことを無理にがんばるということではありません。
無理に頑張っているものは心からそれを望んでいないので叶いません。

無心といったり、無の境地というのがそうかもしれません。

オーダーしたら無限の能力を信じ、自分のベストを尽くし、心に任せているとその信じる心が引き寄せを起こし、奇跡が起き心から望んでいることを実現してくれるようです。

当然ですが、頑張ろうと思わなくても自然に行動も起き、少々のことではめげません。

夢を持つことはそれが叶うというだけでなく、本当にそのことを考えるだけでワクワクすることであれば、脳内ホルモンが分泌され、若さも保てるようです。

中国に肉体の衰えより、魂の衰えのほうが恐ろしいという言葉があるように、もう年だからと思う前に夢を持ったほうがいいようです。

同じ年齢でも老け込んでいる人はいませんか。
それは魂が老け込んでしまったのが原因のようです。

食事も大事ですが、病気は気からといわれるように、気持ちを若く保つことが若さを保つ秘訣のようです。

瞬発力はなくなっていくようですが、若い時より長く生きた分経験も知識をつけていけば、時間をかけさえすれば、若い時よりいろいろなことが達成できるようになっていきます。

実際に脳と筋肉は何歳になっても使えば、衰えるどころか鍛えていない若い人がいたとしたら、それ以上の知力と体力を身に着けられるようです。

ピンピンコロリとかイキイキころりといいますが、どんどん衰えていくのを待つより、できるだけ若々しく死んでいけたらいいですね!

そのためには寝たきりにならないように程よく体を動かしたり、栄養をとり、死ぬまで学びといいますが、魂を成長させるために知識、経験を積み重ねていったほうがいいようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。