変化を楽しむ

なりたい自分に近づくには、無意識の事なかれ主義を打ち破ることです。

そのためには

「現状領域から変化領域に踏み出す」

これを日常化していくことをおすすめします。

まずは、小さな変化を日常に取り入れてみてください。

たとえば、

・散歩コースを変える
・休日の過ごし方を変える
・普段食べないものを食べてみる
・ファッションを変えてみる
・仕事以外のコミュニティを持ってみる

などなど

一日三つ、変化への行動ができると理想的です。

最低でも一つは取り組むようにしてください。

すぐにチャレンジングな行動をしなくても構いません。

いつもあたりまえになっていることを、少し変えてみるだけでいいのです。

たとえば、和食が多ければ、洋食にするとか、ランチに行くメンバーを変えてみるなどささいな変化でいいのです。

あくまで現状領域から変化領域に、少し踏み出すことの練習なので、あまり高いハードルを課して挫折することのないようにしてください。

変化を楽しむことができれば目的はクリアです。

メルマガ抜粋

~☆☆☆~

石田より

自分の理想の人生を手に入れるには 、人から言われてしょうがなく変化を強いられるのでなく、自ら変化していく必要があります。

そうでなければ、他人の人生を生きていくしかなくなり
人生をコントロールできなくなります。

残念ながら変化は意識的にしかつくることはできません。
何も意識しなけば現状維持のままです。

いきなり大きな変化をしようとすると抵抗にあい挫折するので少しずつ変化に慣れていくのがコツです。

意識と潜在意識が戦ったら潜在意識が勝ちます。
潜在意識は現状維持を好み、必要がないかぎり変化を拒みます。

恒常性維持機能と言われていて、ケガしてもケガが治るのはこのためです。

元に戻そうとする力が備わっているのです。

これが健康の事だけならいいですが、時代が進化していく中で、もしくは自分の人生を変えたい、夢を叶えたい時に足かせになったりしています。

アクセルを踏みながらブレーキを踏んだ状態になっているので、人生が思うようにいかないのです。

いい思い込みが身についているのであればいいのですが、大半の人は成功を妨げる信念を身につけてしまっているようです。

自分は駄目だと思うのもよくない信念です。

駄目ではないのです。

気づけば誰もが信念を変えていくことができます。

意識して身につけてこなかっただけなのですから変えていけばいいだけです。

少しずつ根気よく変えていけば、それが積み重なって人生が大きく変わる瞬間がきます。

まずは自分が人生がうまくいかない思いこみを持っていることに気づくことが大事なようです。

否定したり無理に変えようとすると抵抗にあいますから
受け入れることが大事なようです。

駄目だと決めつけるのでなく、そう思っているんだねと子供を諭すようにしていけばいいだけです。

人の思い込みは記憶体験の積み重ねですから、意図的にいい記憶体験を積んでいけば、より良い人生に変えていくことができるようです。

========================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。