先延ばしにしていることを優先してやってみる

【名言】

「僕はずっと山に登りたいと思っている。……でも明日にしよう」
おそらくあなたは永遠に登らないでしょう。

レオ・ブスカリア

【解説】

先延ばしをしてはいけない分野、それはあなたが「やりたいこと」
「すべきこと」を優先してはいけない。

人生で大切なことを大切にしましょう。

メルマガ抜粋

~☆☆☆~

石田より

夢や願望、欲しいもの、やりたいこと、身につけたいことを後回しにしてあきらめていませんか?

夢や願望はすぐには叶いません。

今の延長線上にあるものでなく、今のままおなじことをやっていて叶うものでなく、自分の考えや習慣を変えることで叶えていくことができるものです。

自分の価値観や大切にしているもの変える必要はありません。

時間の使い方やお金の使い方、習慣や信念を変えていきます。

信念とは思い込みです。

いい思い込みを身につけることができれば、うまくいきやすくなります。

私たちが自覚できている行動は40%もないようです。

60%は無自覚でやっているのだそうです。

その無自覚の行動がうまくいくパターンの人はうまくいくし、そうでない場合はうまくいっていないだけなのだそうです。

よく本当の敵は自分の中にあると言いますが、能力がないのでなく、知らない間に身についてしまった考え方や習慣が邪魔しているだけなのです。

成功したいだけど変わりたくないと思っていると、それ以上成長しないので成功できません。

成功するために新しい信念や習慣を身につけると決めることが大事です。

何かをするということは何かをやめることです。

浪費をしながらお金を貯めることは出来ません。

食べながら痩せることはできません。

目先の事だけやっていたら、時間をつくることもできません。

夢を叶えるためには何か無駄と感じることをやめ、夢を叶えるための時間をつくることです。

毎日夢を叶えるための時間を作って、少しづつでも
近づく行動をしていれば、本人ができないと思わない限り叶う瞬間はきます。

叶わないのは本当に望んでいないことをやっているか、遠ざかる行動をしているかあきらめたときです。

私たちは最低限生活することができているのであれば、それは達成するだけの能力をもっている証拠です。

ただ、夢となると叶わないものと思い込んでしまているのかもしれません。

夢が大きければ大きいほど、叶えるのにはそれなりの時間と労力もかかります。

楽すれば楽が邪魔して楽ならず、楽しない楽がはるか楽々と田中真澄さんが言っているように、どちらの楽を選ぶかですね!

目先の楽は後で苦労が待っていますが、目先の苦労を惜しまなければ、後で目先の楽以上の楽ができるということだと思います。

実際は苦労というより、本当にやりたいことや願望が明確で、それが何が何でも達成したいもので、やることに価値や意義を見いだせれば、時間とお金、労力を惜しまなくなり、脳自体が自然とそちらに向かうようになっているようです。

自分には能力がないと思ってあきらめていたことは
何ですか?

もしくは目先の事を優先して、後回しにしてきたことは何ですか?

ずっとやりたいと思っているけど、時間がないからできないと思っていることを優先していきましょう!
そうすれば長い目で見て人生が変わっていくと思います。

========================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。