博士のつぶやき

エジソンは壁に当たると、昼寝をとりました。鉄球をもって、カウチに座り、ウトウトする。筋肉がゆるみ、球を落とす。その音で目が覚めるとき、ひらめき、問題が解ける。
ウトウトから起きる時に脳が活性化する。が、実際に起こっているらしい。という脳研究

When Thomas Edison hit a wall with his inventions, he would nap in an armchair while holding a steel ball. As he started to fall asleep and his muscles relaxed, the ball would strike the floor, waking him with insights into his problems. Or so the story goes.
Now, more than a century later, scientists have repeated the trick in a lab, revealing that the famous inventor was on to something.
トーマス・エジソンが発明品で壁にぶつかった時、彼はスチールボールを持ちながら肘掛けで昼寝をする。 彼が眠り始め、筋肉がリラックスするにつれ、ボールは床を襲い、彼の問題への洞察で彼を目覚めさせます。 物語はそうなる。
今や1世紀以上経った今、科学者たちは研究室でトリックを繰り返し、有名な発明家が何かに関わっていたことを明らかにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。