時間は誰もが平等に与えられている

今日は、
「やりたいことがあるのに
 時間とお金が足りない。
 この状況の中で、
 やりたいことを実現するには、
 どうしたら良いですか?」

時間とお金がない。という言葉は、
ビジネスがうまくいっていない人が
よく使う言葉です。

不思議じゃないですか?

時間は、我々に唯一
平等に与えられたものなのに
なぜ、時間に余裕がある人と、
時間が足りない人に
分かれるんでしょうか?

もし、時間が足りないことが
ビジネスがうまくいかない、
やりたいことが実現できない、
根本的な問題だとしたら…

世の中の人、全員が、
同じ状況でないと
おかしくないですか?

メルマガ抜粋

~☆☆☆~

石田より

誰もが24時間は平等に与えられています。

時間がないからできないのでなく、
優先順位の問題です。

やりたいことが明確でないため
目先の事ややらなければいけないことを
優先してしまっているため
本当にやりたいことができないでいる人が
大半なのだそうです。

時間管理というのがありますが、実際に時間は管理できません。
増やすこともできません。
何もしていなくても過ぎていきます。

行動管理をしていないと時間はあればあるほど
無駄に使ってしまうそうです。

そうならないために24時間の中でやることとやらない事を決めるしかありません。
すべての事をやっている時間はないのです。

人から言われたことだけやっていれば、自分の時間が
なくなり、自分のやりたいことができなくなります。

自分で決める必要があります。

スケジュール帳がびっしりの人は要注意のようです。
それが自分が決めたことならいいですが、誰かに決められたことで
いっぱいになってしまうと自分の理想の人生は手に入りにくくなります。

ブライアントレーシーは目標達成できないのは
時間管理ができないからだと言っています。

目標がない人は他人の目標のために働かせることになります。
時間管理ができない人は他人に時間を使われることになるようです。

成功する人は自分の時間を作っています。

その時間に一人の時間を作って本を読んだり、
運動をしたり、瞑想をしたり、リラックスしたり、
本当にやりたいことは何かを考えそのための
行動を管理していきます。

雇われている時間と睡眠の時間は除いて、それ以外の
時間はまずは自分の夢を叶えるための
時間を優先して入れていきます。

夢や理想が叶っていないとしたら、それを後回しに
しているのが原因だそうです。

その残りでボーっとしたり、何も考えずにテレビを見て
いてもいいかもしれません。

脳の疲労回復にはメリハリつけることが大事で睡眠、
リラックスすることも大事です。

脳をうまく使いこなし
常にそのことに意識を向け続けて、それを叶えるための
行動をスケジュールにいれて、毎日ルーチング化していけば
少しずつでも夢に近づいていきます。

夢から遠のいているか近づいているかを確認しながら
軌道修正していけば、あきらめない限り、夢は実現できるようです。

まずはなりたい自分をイメージしそのために
そのためにどんな自分になっていったらいいか
考え、そのために必要な行動を取っていけばいいようです。

恋人の事を考え続けるように夢の事を考え続けて
忘れられないレベルではあれば、それがモチベーションになって
行動につながり叶っていきます。

あなたの夢は何が何でも達成したいものですか?
もしくは恋人のような存在ですか?

========================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。