種を蒔けば収穫できる

暑い夏が終わり、
秋が来たと思ったら、
もう秋も深まってきました。

私にとって夏とは
楽しんだり、
リラックスしたり、
秋にどんな種を蒔くか、
考える特別な季節です。

農家の家に生まれた私は、
秋がどれだけ大切な季節か
よく分かっています。

これからのビッグイベントを
計画するのが秋であり、
来年用の農作物の種まきをする
季節でもあります。
そこで、皆さんへの質問

来春、大輪を咲かすために、
どんな種を今年の秋に蒔きますか?

豊かな年にするために、
何を蒔きますか?
富や豊かな生活を作るには、
心の決断と外部の知識が関係しますが、
経済状態からの影響は
ほんの少しに過ぎません。

こんな考え方に
耳を貸してみてはいかがですか?

充実した人生にするには、
すべて自己責任でしなければいけません。
それは、豊かさの原点は
自分にあるからです。

バージニア州チャカタックの
農場で育った私は、
子供の頃、自然界で最も大切な
教訓を学びました。

それは、
種を蒔く季節と
収穫する季節がある事です。

それ以外の時は、
雑草取りをしたり、
水をあげたり、
去年の種を育てます。

天候によっては
育たない場合もあるので
必要以上に
種を蒔かなければならない事も
私たちは知っています。

自然のルールを
私たちは知っているので、
種を蒔かなければ、
何も収穫できない事も知っています。

今でも、私は日々の暮らしの中で
同じような教訓を実践しています。

将来のための種まきをせず、
のうのうと暮らしている人が
驚くほどたくさんいいます。

その人たちは今後の事を考えず、
誰かが自分の面倒を見てくれると
思っているのでしょうか?

全ての起業家や成功者たちは、
数多くの種を蒔き、
正しいものを見つけるまで、
新しい事を試し、
色々な方法で種を蒔えています。

自分が興味を持っている分野について
可能な限り学習し、
種を蒔いています。

自分のサポートシステムを作ったり、
同じような関心を持っている人たちが
集まる団体やクラブに所属し、
自己を刺激し、成長させ、
種を蒔いています。

どう行動すればよいのか考え、
成功の種を蒔いています。

人間は自分が行動して
自分の現実を創造しています。
そうであれば、
自分の方向性に合った種を蒔かないと。

何もしなければ何も得られません。
収穫するには
種を蒔かなければいけません。

「種を蒔かなければ、
欲しいものは手に入らない」は、
永遠のテーマです。
種を蒔けば収穫できます。

状況がどうであれ、
種を蒔き続けなければならない事を
肝に銘じてください。

人生には自然のリズムが
常に存在しています。
どんなビジネスにも浮き沈みがあり、
人には人のライフサイクルがあります。

私たちは難しくても、
この自然サイクルを
意識しなければいけません。

そして、それが下降気味でも、
気を落とさないことです。

地球上のもの全てには周期があり、
今そうであっても、
それは一時的にすぎません。
今、何かが足らないのなら、
もっと種を蒔き、
ずっとやり残してきた事をしましょう。

自分の心を運用し、
新しいコンセプトを学び、
研究するために時間を使いましょう。

がんばって!

リー・ミルティア

~☆☆☆~

石田より

原因と結果の法則があるように
必ず結果には原因があります。

この世の出来事や現実、物は人の心が
生み出したものです。

自分がしているのかさせられているのかに
よっても影響力が大きく変わってきます。

外側に原因があると思っていると
人生はコントロールできなくなります。

外側に起こっていることはコントロールできません。

結果であり、すでに終わったことなのです。

私たちがコントロールできるのは内側です。

内側(原因)が変われば、外側(結果)が変わるのです。

よく言われるインサイドアウトです。

すべての現象は心の現象といわれる通りで
心配や不安もすべては頭の中の出来事であって、
現実ではありません。

それでもあまりにも繰り返しそのことばかり考えてしまうと
それを引き寄せてしまいます。

私たちのフォーカス(意識を向けた)したものが拡大するのです。

意識は否定語が分かったとしても
無意識は否定語が理解できません。

望むことか望んでいないことかどうかも
わかりません。

ただ、その無意識は人生に大きな影響を与え、
現実を作っていきます。

だからこそ無意識にやっていること考えていること
意識して変えていかないと人生は思うようにいきません。

毎日どんな種を自分の心に植えるかで、人生が
大きく変わっていくのです。

成功する人、うまくいく人、運のいい人の常識(思い込み)があります。

普通の人の常識(思い込み)があります。

うまくいかない人の常識(思い込み)があります。

夢が持てるか持てないか
途中であきらめるかあきれめないか
自信を持てるかどうか

能力の差ではありません。

誰もが無限の能力はもって生まれてきました。

ただ、人生(時間)は限られていますから
マルチにできるようになるわけではありません。

何をし、何をしないか決める事が大事です。

成功者は明確な目標を持ち能力を引き出してきた人です。

自分の本当になりたい自分になれる能力は誰もがもっています。

それができるかできないかは
制限のある信念(思い込み)を持っているか
制限のない信念(思い込み)を持っているかの違いです。

その信念は何を聴き続けてきたか、
影響しています。

成功者の信念を聴き続け、行動すれば
自分が心から望んだことは必ず叶う時は
きます。

冬の時に何をしていますか?
寝ていますか?

体力を温存するという意味ではいいですが、
思考が原因で状態が結果なのですから
思考づくり(信念をつくること)が大事です。

もしくは考えているだけでは何も起こりませんから
行動する必要があります。

何でもいいから学んだことのなかで
できる事をやってみることが大事です。

ある意味当たり前のことですが、
知っている わかっているは学びを
止める言葉です。

成長発展しよりよい人生を目指したければ
この言葉を手放し、
自分の気づいていないことは
なんだろうか?

学んだことで実践していないことは
なんだろうか?

何を改善すればもっと良くなるだろうか?
と質問を変えてみましょう!

========================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。