ビジョンを描けるようになる

「NLP(神経言語プログラミング)」
という心理学を聞いたことはありますか?

簡単に言うと、
世界で最も有名で効果を上げている
目標達成・ストレスマネジメント
心理学メソッドです。

私もこのNLP講座を2009年に受けてすぐに
自分がイメージした出版が実現しました。

2010年に「続ける習慣」が出版されて
今に至ります。

あれから21冊、95万部の本を出版しましたが、
NLPの将来ビジョンでイメージした通りの結果になりました。

脳は現実とイメージの区別をつけられない
というNLPの有名な言葉がありますが、

あなたが成し遂げたい
夢や目標があるならば、言葉ではなく
ビジョンを見ることが重要です。

ビジョンが見えれば、
脳は自動誘導するように目標達成に導いてくれます。

自分を変える、やりたいことを実現させる科学として、
NLPの理論とスキルは、一生モノの人生の財産になります。

メルマガ抜粋

~☆☆☆~

石田より

脳は現実とイメージの区別をつけられない
という癖を理解し、活用すれば夢を現実にできます。

夢を叶える人は現実主義でなく、妄想家です。

常にあれもしたい、これもしたい、こうなったらいいなと
考えています。

そして、それをできるようになるために何を
したらそうなるか考え続けています。

その結果、情報やチャンスに気づきやすくなります。

こうなりたいという未来から今何をすることが
ベストが考えています。

夢がないとか夢なんて叶わないよと思っている人は
過去か現在しか見ていません。

過去こうだったからこれしかできない
今こうだからこれしかできないと考えます。

できない理由として
時間がない
お金がない
自信がないというのが
よく言われますね!

これだと未来を作り出す能力(想像力)を活用できていません。

夢を実現していく人は最初はお金もないし、時間もありません。
今ほど自信もなかったと思います。

時間がないならどうしたら時間を効率よく使えるか
お金がないならどうしたらお金をもっと稼げるようなるか
自信がないからどうやったら自信を付けられるだろうか
と考えています。

私たちは意識をむけた方向に向かうようになっています。

私たちは使い切れないだけの能力を持っていますが、
現状維持だと最低限の能力しか発揮できず、
常に省エネモードで動いてしまいます。

未来に希望を持てなければ、できないことばかりに
意識がいき、目先の努力しかしなくなり簡単に
諦めてしまいます。

忙しいを口ぐせにしてしまうと
やりたくなことならいいですが、
忙しいから時間がないと言ってしまうと

木こりが今忙しいから刃を研いでいる暇はないと
いって、切れないのこぎりで木を切っているようなものです。

細い木はそれでも切れるかもしれませんが、
太い木でなかなか切れないとあきらめて挫折してしまうかもしれません。

時間をつくり刃を研ぐ時間を惜しまなければ、
そのうち太い木も切れるようになります。

人生を変えるコツは目先の事でなく、
今やらなくていいけど重要なことを優先することです。

誰もが潜在意識(自動達成装置)はもっていますが、
生きているだけだとその可能性を引き出さずに
終わってしまいます。

宝の持ち腐れですね!

大人になるとどこかで夢なんて一部の人しか叶わないよ
もっと現実を見なさいと誰かに言われて、鵜呑みしてしまって
いるのかもしれません。

大学に入るまでは勉強していたのに
大学以降勉強しなくなり、新しいことを
学ばなくなり、マスコミの情報を見ながら
あまりよくない情報ばかりが飛び込んできて、
お金持ちや成功者が出てきても他人事のように見てしまいます。

それだと成功には無縁になってしまい
自分で限界を決め、生きていくだけにしか
能力を発揮できずに終わってしまいます。

脳は現実をイメージを区別できず、
そうだと思ったらそれを達成してくれるのですから
もっと童心に戻って、こうなったいいな
あれしたいな、これしたいなと想像し、
自分のなりたい人生を手に入れたいですね!

1日10個書き出すといいようです。
書けない人は3個でもいいかもしれません。

まずは良かったこと、できたことを
どんな小さなことでも3個書き出すと
いいそうです。

いきなり大きな事を考えるのでなく、
まずはすぐに実現できることからイメージしていくと
いいようです。

そうやって自分がイメージしたことは実現していくと
信じ込ませていけば、努力も惜しまなくなり
大きな夢も叶う時がくるそうです。

========================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。