博士のつぶやき

ポリオ、B型肝炎、結核、破傷風、百日症、ジフテリア、Hib、ロタウイルス、麻疹に対するワクチンは、毎年推定250万人の死亡を防ぐために何百万人もの乳児に投与される。予防接種は高齢者、子供に利益をもたらすが、生後1ヶ月では効果が低い。WHOは出生後できるだけ早く結核、B型肝炎、ポリオに対するワクチンを接種するよう推奨しています。同様に、母親のワクチン接種は、子供に抗体を移行させ、ある種の感染症を予防する。

https://science.sciencemag.org/content/368/6491/612.full

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。