【常識と言う洗脳に踏み込む勇気】

M=昔から、みんなが、専門家が、と言う世界を C=信じ切る A=危なさ

人を大切に、食とコミュニケーションで心と体を整える「チームMCA」

当事者と言う立場になってからでは、冷静な判断をくだしにくいと言うことって有りますよね。
問題です、次の数字は何をあらわしたものか?
2006年 200人前後 2014年1600人弱
2009年売り上げ5400万円 2016年売り上げ229億円
1月21日 日曜日、精神科医療の問題点を世に問う「CCHR」の講演会で接した数字です。
上は、兵庫県教育委員会が調べた「発達障害」が要因で指導を受ける児童数。
下は、ある製薬会社が発表したADHDの治療薬「ストラテラ」の売り上げ。

これだけ当事者が激増しているって言うこと。
子供の数は減り続けているにも関わらず。

これが実は大変なことで、支援の名の下で悪気はないのに、食生活、内科的な要因、飲んでいる薬の副作用、アレルギー、中耳炎、化学物質過敏症などによる心身の揺らぎまでが「発達障害」と診断されて薬に繋がれてしまうケースが増えている。

危険だと思いませんか?

2017/9/7読売新聞福井版で児童精神科の権威、杉山登志郎医師が現在の精神医学について
「いまだに表面的な兆候から症状を区別するのが主流で科学的な診断ができていない」
とまで言っていたそうです。

写真のスライドにも凄いことが映し出されていいますが、発達障害の診断をするためのチェックリストのスライドも傑作でしたので抜粋して。

以下にyesだったらあなたも発達障害かも。

・初めて出てきた語や、普段あまり使わない語などを読み間違える。

・みんなから「○○博士」「○○教授」と思われている。

・他の子どもは興味を持たないようなことに興味が有り「自分だけの知識世界」を持っている。

これって、大人でも当たり前のことだったり、才能とか個性として評価されても良いことでしょうよ。

だったらどうしたら良いかって言う勉強会が1月31日に有ります。
チラシを添付しておきますので是非当事者になる前に勉強してください。

とても大切なことですので。

チームMCA簡単AGEレス健康料理教室は、老化や生活習慣病を遠ざけるAGEレス料理を学びながら、楽しく料理、楽しく食事、チョッピリワインなども楽しみながらのサロンです。

MCAブログ
https://mca-life.net
日本臨床栄養協会認定サプリメントアドバイザー
AGEレスフードコーディネーター
三吉健心

チームMCAは
M=マンジャーレ(食べて) C=カンターレ(歌って、楽しんで) A=アモーレ(愛し合い、支え合う)
皆で、美味しく食べて、楽しんで、支え合って良くなろうって言う仲間の集まりです。
「簡単AGEレス料理レシピ」バックナンバーはこちら
https://ageless-lifestyle.com

MCAの予定

安心・安全・簡単
AGEレス健康料理教室AGE測定会のご案内

2019年8月31日土曜日
12時~16時
川口中央ふれいあい館料理実習室にて
先着定員20名
参加費2000円
(レシピ、テキスト代、AGE測定費用含む)

参加締切日2019年8月29日まで

 

申し込みはこちらから

簡単AGEレス健康料理教室のお申込みはこちらから

 

【命を繋ぐカレンダー】

【命を繋ぐカレンダー】

M=毎年作っている C=カレンダーの A=案内です

年間50000、なんの数だか分かります?
処分されてしまう犬や猫の命の数。
そんな命を何とか救いたいと活動している「フェアリーハウス」。

今年も「フェアリーカレンダー」を作りました。
一年間、ボランティアさん達が撮りためた写真。
愛情と命を繋ぐ気持ちが満載のカレンダーに仕上がっています。

ワンニャンの御飯や御布団に変身する1000円です。

一部1000円

お申し込み方法は以下のブログをご覧ください

http://amd65rks.blog.fc2.com/blog-entry-1852.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です