今日の本は「娘になった妻、大山のぶ代へ」です。

My Wife became daughter
今日の本は「娘になった妻、大山のぶ代へ」です。砂川啓介さん(昨年亡くなりました)が、認知症になった大山のぶ代さんを介護する日記です。切なさと夫婦愛に涙が溢れでました。今年読んだなかで一番の本でしたので、おすすめできます。
ハワイでツアーガイドをしているときに、大山のぶ代さんと毒蝮三太夫さんをお世話したことがあります。一緒に参加された子どもに「こんにちは、ぼく、ドラえもんです」と話しかけ、子どもが周りを、キョロキョロする姿をみて微笑んでいました。
その大山さんが認知症。食べることが好きで糖尿病になり、ヘビースモーカーだったということです。ドラえもんのタイムマシーンで過去に戻り、AGEを測って、それがきっかけで生活習慣を変えてもらえたら。と、思ってしまいます。

Today’s book is “my wife became daughter.” A story about husband who takes care of Alzheimer’s wife. It fills with love and sadness. The wife was a popular voice actress and did Doraemon voice.
I personally met her when I worked tour guide in Hawaii. She surprised a small child with Doraemon’s voice. Her smile was warm and cherish. I can’t believe she suffered from Alzheimer’s. But reading the book, she was a heavy smoker and loved eating a lot, ending up got diabetes. Her risk was high. If I could go back the past, I have wanted to measure her AGEs and encouraged her to improve her life style.

勇博士より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。