健康についての論文

Omega 3 reduces CV risk
魚をたくさん食べて血中のEPA(エイコサペンタエン酸、オメガ3脂肪酸の一種ですね)濃度が高まれば、心疾患リスクは減ります。
興味深いことにEPAをとっても、LDL(悪玉コレステロール値)は下がりません。それにプラークが消えるわけでもありません。でも、脳卒中などの心疾患イベントは19%も減少します。理由はプラークにEPAが蓄積すると、構造が安定するからだとか。
杏林大学の佐田先生は「スタチンで30~40%のリスクを減少させる。残りのリスクを減らすのはオメガ3脂肪酸だ」という旨を話していました。同時に「オメガ3は健康食品でしょ。効くわけない」と偏見をもつ医師も多いと話していました。コレステロール値の偏見は根深いですね。
If you love to eat fish, you may be healthy because EPA (one of Omega3 fatty acids) reduces CB events. Interestingly EPA do not reduce your LDL (bad cholesterol) neither remove plaque. Then why omega 3 is good? Dr. Sata of Kyorin University explained EPA on plaque has stable structure. Statins reduce 30 to 40% of CV risk. Still 60 to 70% remains. He expect omega 3 fatty acids help the rest. He also mentioned many physicians do not trust omega 3, saying “omega 3 is not drug but supplements”. The over-expectations of LDL is huge.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17398308

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。