アメリカでは癌の1年延命にかかる治療薬コストは25万ドル。

勇博士から

$25,000 for one year extension of life
アメリカでは癌の1年延命にかかる治療薬コストは25万ドル。1995年は54000ドル程度でしたから、驚くほどの増加です。日本もPD1阻害薬など免疫療法の適応範囲が広がるでしょう。また、日本では80代以上の一年延命のコストも2000万円ほどかかります。公的負担を続けられるか疑問です。
肉親に対して「1年間延命で2000万円ですが、どうしますか?」と聞かれる将来が来るのかもしれません。
In 1995, the cost of cancer drugs for an extra year of life was $54,000. Today, it’s about $250,000. Even in Japan, one extra year of life for 80years old or over cost $200,000. We may not keep spending public money. In future, we may be asked for our parents, “which do you like? Stop treatment or 20,000 for a year”.

MCAの予定

安心・安全・簡単
AGEレス健康料理教室AGE測定会のご案内

2019年5月26日日曜日
12時~16時
池袋IKE.Biz料理実習室にて
先着定員16名
参加費2500円
(レシピ、テキスト代、AGE測定費用含む)

参加締切日2019年5月23日まで

申し込みはこちらから

簡単AGEレス健康料理教室のお申込みはこちらから

 

【命を繋ぐカレンダー】

【命を繋ぐカレンダー】

M=毎年作っている C=カレンダーの A=案内です

年間50000、なんの数だか分かります?
処分されてしまう犬や猫の命の数。
そんな命を何とか救いたいと活動している「フェアリーハウス」。

今年も「フェアリーカレンダー」を作りました。
一年間、ボランティアさん達が撮りためた写真。
愛情と命を繋ぐ気持ちが満載のカレンダーに仕上がっています。

ワンニャンの御飯や御布団に変身する1000円です。

一部1000円

お申し込み方法は以下のブログをご覧ください

http://amd65rks.blog.fc2.com/blog-entry-1852.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です