【「老人力」対応料理 その12】

【「老人力」対応料理 その12】

「(満腹)を知って整える その2」

砂糖を甘く見るべからず(^_^;)
糖質中毒状態が何故良くないか・・・。
糖質中毒になると、血糖値がドンと上がって、ドンと下がって、又すぐに食べたくなってが止まらない状態に・・・。
その度に、血液中に大量に流れる糖を細胞内に取り込むために、大量のインシュリンと言うホルモンが膵臓から放出されます。
インシュリンが細胞の扉をこじ開けて、糖を送り込みエネルギーにするのですが、頻繁に、大量にが繰り返されると、細胞が傷つきインシュリンが効かなくなってエネルギーとして使えなくなり、いつまでたっても糖が血液内をウヨウヨ。
超ザックリ言って、これが糖尿病。
詳しく知りたい方はMCA料理教室で丁寧に御伝えします。

https://ageless-lifestyle.com

弊害は他にも有って、大量に頻繁に供給されて、有り余った糖は「脂肪」となってお腹や内臓周辺に溜められる。
果ては、余った糖がタンパク質とくっついて、硬くて弾力を失った細胞を作る、これがAGE=終末糖化産物。
AGEが溜まった先で・・・。
血管が固くなると「動脈硬化」、「高血圧」、心臓に溜まると「心筋症」、その先に認知症や老化が皆さんをお待ちしていますって道筋です。
糖質中毒って思ったより怖いと思いませんか。
砂糖は人間が最初に作った麻薬だって言う学者さんもいるくらい。
糖質中毒を遠ざける一つの道筋が「満腹」の仕組みを知ることに有ります。
今日まで糖をある程度知って頂いたので、次回は御飯と糖質について少し御伝えして「満腹」に話を進めたいと思います。

MCA代表
日本臨床栄養協会認定サプリメントアドバイザー
AGEレスフードコーディネーター
三吉健心

人を大切に、食とコミュニケーションで心と体を整える「チームMCA」

 

 

MCAブログが綺麗に見やすくリニューアル
MCA「簡単AGEレス料理レシピ」バックナンバーは

AGEレス(糖化レス)ライフスタイル.com

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。