後悔しないためにいけると感じたらやってみる

【名言】

好機は、それが去ってしまうまで
気づかれないものだ。

ミゲル・サアベドラ

【解説】

金融の世界では、
「バブルは弾けてみて
それがバブルだと分かる」
と言います。

同じことかもしれません。

また、このチャンスは来ると思って
行動しなければ、後で
「あの時こうしていれば・・・」
と後悔してしまいます。

メルマガ抜粋

~☆☆☆~

石田より

そうかもしれないです。
ある程度は考える必要がありますが、

結局はそれがチャンスかどうかは
やってみないわからないことだらけです。

成功する人はある程度の失敗は見込んで行動します。

そうでないとうまくいくことだけ考えて、大失敗してしまいます。

実際のところ人は自分の器以上の問題は起こらないようですから
それは乗り越えられる可能性はあるようです。

問題は問題でなく、自分の魂の成長のために
必要だから起こっていると思った方がいいようです。

要するには問題ではなく自分の魂が成長するために
与えられた課題なのだそうです。

どう考え受け取るかで乗り越えらえるかどうかが
決まってきます。

何かを決めるときはまずは情報を収集し、
まったくわからないことはやらないよ鵜がいいようです。

最終的には絶対できることでなく、半々くらいで
いけると思ったらあとはやってみて改善を繰り返します。

いけそうな気がするという直観を信じるといいようです。

何か新しいことを始めたら初めからうまくいくことは
ありません。

失敗して初めて分かることもあります。
失敗から学び改善していける人が
成功する人です。

わけわからずやることは博打みたいなもので
危険ですが、ある程度情報を収集して
いけると感じるならあとは失敗を見込んで
行動し、改善していけばそれは学び、経験になり、
何が何でも達成するという決意があれば、成功するようです。

たとえそれがうまく行かなったとしても
次のチャンスを生かせるようになっていると思います。

一回やって失敗したから駄目なのでなく、
次はどうやったらうまくいくか考えていけば
失敗は無駄でなく成功するようになっています。

やるだけの事をやり、ベストを尽くしたなら
全て無駄ではなく、人事を尽くして天命を待つという言葉があるように
運が上向いてくる時は誰にでもあると思います。

========================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。