人生がうまくいく方法

「自分にでしかできないことをやる」
「今しかできないことをやる」
「みんなと同じことをしない」
「みんながやりたがらないこと恐れていることをやる」

いつも書いていますが、成功する人は普通の人と違ったことを
やっています。

不得意を得意にするより
得意なことを磨いていいきます。

できないところでなく
できることに意識を向けます。

1日は24時間しかありません。
苦手なことは得意な人に任せることで、
時間ができます。

掃除をお掃除ロボットにしてもらうのは
時間をお金で買っていることになります。

一度投資すれば、ロボットが掃除してくれるので
その時間を使って、自分がやりたいことを
やったり、リラックスする時間に使います。

できないことをできないままにしないことも
大事かもしれませんが、それがやりたいことでなければ
やる必要はないようです。

本当にやりたいことや
自分の望みを明確にし
それにつながる行動を優先して
時間を使っていけば、時間をかけた分だけ
それが叶っていきます。

お金を出さないと物が買えないように
何かを手に入れるためには初めからお金はありませんから
時間を投資するしかありません。

初めは時間を投資しますが、投資すれば投資するほど
最終的時間をかけなくても済むようになるものを
選ぶといいようです。

そうでなければ、収入が増えれば増えるほど忙しくなり
本末転倒になります。

お金を稼ぐのが目的ではないはずですが、
お金を稼ぐことそのものが目的になってしまうと
健康を害したり、家庭や人間関係が
おかしくなっていき、不幸せになっていきます。

お金はあったら便利なもので
あくまで手段、道具です。
お金そのものに価値はありません。

銀行に預けているだけで何もしなければ
インフレでお金の価値が下がり続けていきます。

どうやって稼ぎ何に使うかで変わってきます。

ロバートキヨサキはお金は自由の象徴と言っています。
お金があれば、嫌な仕事をする必要がなくなり、
選択できるようになります。

自分が得意でないことや
やらなくていいことは誰か得意な
人に任せることもできます。

普通の人はジャンクフードにお金を使い
病院代や高い保険料を払わされているようです。

お金持ちは健康、自己投資にお金を使い
優秀な人材に投資し、お金が増えていくものに
お金を投資していきます。

本当のお金持ちは無駄を嫌い、浪費、消費をしません。
必要なもの、価値を認めたものにはお金を
惜しまない人たちのようです。

大谷選手もびっくりするような私生活があげられていますね!
大谷は野球少年がそのままプロになったようなもので、
今でも野球をしていることが好きで好きでしょうがないようです。
それが人を楽しませることができ、より多くの人に影響を与えているので
お金も入ってくるようです。

ウォーレン・バフェットは何兆円という資産を持っていますから
何でも好きなものは買えるが、時間だけは買えないので
大事にしなければいけないと言っています。

成功している人から学び
潜在意識と時間の使い方を変えていくことができれば、
人生はよりよくなっていきます。

========================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。