どんな時でも希望をもっていきていれば人生は好転する

【名言】

楽天は、人を成功に導きます。

どんなときでも、そこに明るい気持ちと
希望がなくては成功はありません。            

ヘレン・ケラー

【解説】

ヘレンケラーは3重苦を抱えながらも
幸せに生きた偉人です。

目が見えない、耳が聞こえない、
話せない。

ヘレンケラーはこの不運の中に希望を
見出だすことができたのです。

私達が会社や人間関係で
悲観していることは何でしょうか?

大切なことは自分よりも
より大きな存在から見ることの習慣です。

視野が広がり、考える視点が増えます。

そのためには、本を読んだり、
セミナーに参加したり、
目線の高い人とお会いしたり
することが効果的です。

メルマガ抜粋

~☆☆☆~
石田より

何か辛いことがあったり、嫌なことがあったら
ネガティブになるのは誰もが同じだと思います。

それをため込むのは良くないですが、
いったん吐き出したら忘れることが
大事なようです。

私たちの現実は思考が作り出しているのは
間違いありません。

現実を変える方法は思考を変えることです。

他人や自然、自分にはコントロールできないことは
諦めその中でもどう受け取り自分がどうするかは選択することが
できます。

何が正解かはわかりませんが、まずは心を立て直し
ポジティブな思考で決断したならその時はそれがベスト
で、最善を尽くしたなら結果は気にしないことが大事なようです。

失敗も行動をやめない人にとって、学びになり
あきらめない人にとって成功へのプロセスになります。

夜明け前は暗いというように
人生は何度も書いていますが、
バイオリズムがありますから
浮き沈みは誰もが避けられないようです。
楽天思考で生きていれば、浮き沈みは
あったとしても上がり上しの波になっていきます。

ネガティブな出来事が起きているときに
立ち直りが早いほどひきづらなくなり、
次の打つ手を考えていくことで
逆にピンチはチャンスというように
駄目だと思わない限り、
それがきっかけで次にステージアップに
つながるようです。

実際に私たちの潜在意識は普段は変えずらいですが、
ピンチな時こそ変化するチャンスです。

歯が痛いときや詰め物が取れたら普段いっていない
歯医者に何が何でもいくように
このままではいけない何かを変えなければ
と思えば、変えることができ、潜在意識が変われば
人生も変わっていきます。

良く会社を首になった人がそれが転機になり
起業して成功したという話もあります。

離婚したけど、次のパートナーに恵まれ
最愛の人と出会えたという話もあります。

人生は何度失敗しても命さえあれば
あとは自分の気持ち次第で
やり直しはききます。

もともと人間は失敗する生き物で、
完ぺきな人もいません。
完ぺきだないから成長することができ、
可能性に満ちています。

エジソンは偉業を成し遂げた発明家として有名ですが、
子育てには失敗していたそうです。

失敗したら終わりでなく、失敗はフィードバック
なのですから、いまはピンチだとしても
あきらめずどうすれば、これを乗り越えられるだろう
と考えていけば、すぐにではありませんが、
潜在意識が寝ている間も働いて、何かに
気づく可能性があります。

これだと思ったことを行動に起こせば、
必ず人生は好転していきます。

成功が早い人は考えることなく
行動が習慣になっているので、
成功は確率論でたくさん行動した結果
うまくいっているようです。

じゃんけんと同じで駄目だと思わない限り、
ずっと負け続ける事はありません。

失敗はフィードバックなのですから
失敗から学び、改善していけば
成功するようになっています。

行動すればするほど
失敗すれば失敗するほど
成功に近づいていけるのだそうです。

すぐに成果を期待したり、失敗したら終わり
何か目の前に困難が訪れたとき
その状況で辛く感じない人はいないと思いますが、
だめだと思わず、立ち直りを早くしていけば
それがきっかけで人生はよりよくなっていくと
考えた方がいいようです。

すぐに結果は機代できませんし、
結果はコントロールできませんが、
考え方を変え、感情をコントロールしていけば
人生はよりよくなっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。