失敗はない改善と試行錯誤があるだけ

以前も少しお伝えしたことがあるのですが、

今日はコロナによって私たちが受けた

『被害』と『恩恵』

についてお話しします。

こんなことを話すと、

「いやいや井口さん、
恩恵って何をふざけてるんですか!」

とお怒りの言葉を受けそうですが
私は真面目に話しています。

『被害』だけではなく、
『恩恵』もあると思うのです。

まず、『被害』については
私がここでわざわざ語らずとも、
すぐにイメージできると思います。

実際に受けた健康被害の他にも、
生活が大きく変わった点や、

「コロナのせいで
外出を控えないといけなくなった」

という人も多いでしょう。

目に見えないウイルスに対して
びくびく怯えなくてはならない生活も
かなり厳しいものがあると言えます。

そして、経済面ですが、

コロナによる経済的損失は
数十兆円とも言われています。

しかし私たちは大きな視点で見ると

コロナによって与えられたもの、

気づかされたものや、コロナの機会が
生み出した新しい技術などもあります。

こちらが『恩恵』です。

たとえばコロナによって、
リモートワークが進みました。

これまで会社に出勤するのが当たり前、

会議や打ち合わせは顔を合わせて
話し合うのが当たり前だったのが、

「自宅にいながらでもできる」

という新しい発想や、

それに関する技術もたくさん生まれました。

そしてもう1つ、

これが今回の本題となりますが、

「健康に対する認識が高まった」

という点です。

コロナの『恐怖』に対抗するため、
“免疫”に改めて注目した人や、

その免疫を高めるために、
普段の生活を見直し始めた人も
多かったはずです。

食事(栄養)、睡眠、運動、

否が応でも健康に目を向けて、
改善する必要性に迫られました。

健康に関する情報を集めたりと

多くの人がこれまでと、
行動が変わったはずです。

しかし、現実を見てみると相変わらず

「変わらない人もいます」

そんな人たちは本当に心から
「大丈夫」と思っているのでしょうか?

日々の習慣から、

「何も考えない」

ことがクセになっていないでしょうか?

私たち人間は、考えることで
脳にある程度ストレスがかかりますが、

そうすることで初めて
将来に備えることができます。

それを無くしてしまっては、

自分自身の健康を
守ることは絶対にできません!

“いつ”真剣に自分自身の体と向き合うのか?

“いつ”健康について真剣に考えるのか?

それは「病気になってから」ですか?

耐えられない痛みを味わってから、
初めて重い腰を上げるでしょうか?

そうなってからでは
手遅れかもしれないのに・・・

誰もが新しいことを試すのは
本能的に面倒なものです。

それは私も十分理解できます。

ですが、

「手遅れになってからでは遅い」

のです。

そうなる前に、

最善の手を打ってください。

メルマガ抜粋

~☆☆☆~

石田より

多くの人は手遅れになるまで動きません。

私もその傾向はあります。
夏休みの宿題をぎりぎりまでやらなかった記憶があります。

テストも試験ぎりぎりまでやらず、徹夜をして
何とか乗り切りましたが、終わったときは疲労からか
急な震えがきて、熱が出て、寝込んでしまった
記憶があります。

これはある意味しょうがないようです。

人は危機に転じない限り、変化を起こすのは
難しいようです。

だからピンチはチャンスと考えた方がいいようです。

何か変化を起こさなければいけなくなっているのです。

まさに大変と書いて大きく変われるチャンスと
考えるといいようです。

ここでだめだと考えてしまうと思考も行動も止まってしまいますが、
全く考えないのは無理ですが、何か窮地を乗り切る方法を必死で考えることで
それを行動した結果、人生が好転し、ステージが上がるかもしれません。

現状は厳しくても変化を起こし、それを乗り越えることで
その先にいい未来が待っていると考えた方がいいようです。

最終的には私たちが意識を向けた方向にいくようになっているようです。

今の仕事を続けているかもしれないですし、別の仕事に
変わっているかもしれません。

それは誰もが分からないと思います。

最近スポーツ選手が努力が報われない場合も
あると言っていますが、あれは限界ぎりぎりの世界で
争っているからこそ言える言葉だと思います。

成功曲線は直線状でうまくいくのでなく
ジグザクで伸びていき、あるとき好転する瞬間がくるようです。

ただ、やればやっただけ結果に結びつかなくても
成長することはでき、別の機会に努力が報われるかもしれません。

何が起こっても自分主体で考えるといいようです。

変えられないものでなく、変えられるものに意識を
向け努力をしていれば、命(時間)を使った分
成長することができ変化はあると思います。

風の時代と言われますが、
いまだに上の人によって戦争が起きたり、
コロナで世界が混乱していますが、
どんなことが起ころうが
気持ちだけは強く持ち、未来に希望を
持っていきたいですね!

他人と過去を変えられない
変えられるのは自分と未来だけと
よく言いますね!

今の現状から何が学べるだろうか?
何を学んで身につければいいだろうか?
今できる最善の策は何だろうか?

========================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。