博士のつぶやき

サイエンス誌の特集は「炎症」
悪者あつかいされる炎症ですが、外傷などのダメージや、メタボなどの機能不全に対応する、ホメオスタシスの役割が強いようです。
ナウシカの王蟲のようです。
一見、悪者ですが、奥底では、正常の状態に戻すために存在している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。