情報格差

ちょっと考えてみて欲しいのですが、世の中には、なぜ貧富の差が存在しているのでしょうか。

なぜ、あなたはお金持ちになれないのか、
なぜ、あなたの生活は一向に良くならないのか。
なぜでしょうか?

その原因は「情報の差」から発生していると私は考えています。

世の中には儲かるチャンスがごろごろあるにも関わらず、みんなそれを知ることができない、気づけない
そのせいでお金に困ったり、人生を辛いものにしてしまっています。

メルマガ抜粋

~☆☆☆~

石田より

情報はもらうのを待っているといつまでたってもこの差は埋められません。

この差を埋めるには自分から積極的に情報を取りに行くことが大事です。

成功している人は本を読む習慣を持っているか、セミナーに自分から積極的に参加している人が多いです。

どんなに行動力があり、ポジティブな人でも、何か新しいことを始めた時は何をしたらいいかわかりませんし、考え方を変えないとうまくいかない場合もあります。

うまくいかない人は自分のやり方や考え方に固執して、うまくいっている人から学ばず自己流でやっている人が多いようです。

成功するコツはモデリングすることです。

ジェームズスキナーは成功にはレシピがあるといっています。

一流のコックの人が10年かかったことでも、レシピさえあれば、10年かからずその料理や味付けができます。

時間がかかるのはそれを当たり前に考えずにできるようになるまでです。

それでも10年かかったことが集中してやれば、1年から3年でできるようになると思います。

何かを始めたらまずはうまくいっている情報を収集し、やってみてうまくいかない場合はこれをやったらうまくいかないということがわかったということです。

要するにフィードバックです。
うまくできるようになるための情報なのです。

できれば失敗する前にわかればいいのですが、失敗するまでわからないこともあります。

早く成功したければ、成功した方法は真似ない手はありません。
その通りはできないまでもそれを真似ていくことが成功の早道です。

後は当たり前にできるまで繰り返せば、そうなっていきます。

========================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。