今がどんな状況でもよくなっていく人はいる

あなたも気付いていると思いますが、新型コロナウイルスによってもたらされたこれからの新しい時代では、以前のように、一生懸命会社で働いていれば、給料がどんどんあがり、定年になれば年金だけで悠々自適に暮らせる時代ではなくなりました。

政府によってコロナ対策の名の下に国の借金は膨らみ、年金水準はさらに下げられ、私たちの将来に向けた負担は確実に増えています。

トヨタ自動車社長から衝撃的な発言として終身雇用は難しいという話がありましたが、会社に人生を捧げる時代でもなくなり、従来型の人生設計を大きく変える時期に
差し掛かってきています。

人生100年時代と言われ始めてますが、これからの時代は、寿命は伸びても経済的な安定を得るためには、ただ雇われて賃金をもらうのではなく、個々人が労働以外の収入を得る必要がある、という時代になったと言えます。

フランスの経済学者トマ・ピケティは著書「21世紀の資本」の中で、21世紀は真面目に働いて得られる富よりも
資産によって得られる富の方がはるかに大きくなるということを述べています。

つまり、誰しもが仕事:労働収入で稼ぐだけではなく、仕事以外の収入源や自動的にお金を増やす資産や仕組みを作る投資をしないと富の格差に取り残されるということになります。

言い換えれば労働収入以外の収入があれば、万が一事故や病気で働けなくなったときでも収入が途絶える心配がなくなります。

メルマガ抜粋

~☆☆☆~

石田より

高度経済成長期は国が何とかしてくれるという考えでよかったかもしれませんが、確かにぎりぎりでよければ、なんとかなるかもしれませんが、実際はその時になって慌てるよりは今から準備しといた方がいいですね!

もう何年も前から言われていますが国や会社に頼る時代はおわりました。

国や会社も自分が生き残るので精一杯です。

全員を助けることをできるだけの余力はないと思います。

今までのやり方だと誰かが犠牲になっています。

そんな中で私たちは今の生活は保ちながらも将来の万が一に備えて、今のうちに何かをしていったほうがいいようです。

お金持ちはポートフォリオといって、いろんなところからお金が入るようにしています。

一つに頼っていれば、それがだめになれば終わりですが、いくつもの収入減を持っていれば何か一つがだめになっても大丈夫です。

高度経済成長期は一生サラリーマンでしかも一つに企業に退職まで勤めていれば、退職金と年金でそれなりに生きていける時代だったようですが、これからはそれだと老後は苦しくなっていきます。

少なくてもそうなるかどうかはわかりませんが、何があってもいいように労働収入以外の何か収入が入ってくるように時間をかけて、作っていったほうがいいようです。

そのために当たり前のことをやっているだけでは無理ですから想像力を豊かにすることが大事です。

想像力を豊かにするにはいつも書いていますが、だらだらニュースやテレビを見るのをやめ、その時間を使ってよりたくさんの本を読むことです。

もしくは成功者の講演会やセミナーに参加することです。

人は知らないことはイメージできませんし、イメージできないことはできません。

行動できないのは行動力がないのでなく、もともとやる動機がないか、知らないだけのようです。

うまくいかないのは知識(情報)不足、我流が原因です。

人生を変え、今よりよりよい人生にしたければ、まずは学ぶ時間をとり、情報を収集することが大事です。

そして、知っているだけでは意味がありませんから、それを真似てやってみることが大事です。

やれば結果が出ます。
失敗もやった結果で、フィードバック(成功するために必要な情報)です。
初めからうまくいくことはありませんが、うまくいかなければ改善しながら、繰り返していけばいずれできるようになっていきます。

いつまで学ぶのかですが、成功し続けたければ一生学び続けるしかないそうです。

学ぶのをやめたときは成長はストップし、そこで限界がきます。

まずは自分の理想の人生を想像することです。

自分の本当の望みを明確にし、そのために何をしたらいいか考えます。

自分と同じ望みを叶えている人を見つけ、その叶えている人がどう考え、どう行動したかを学ぶ、真似ていけば
そうなっていきます。

どんな状況でもよくなっていく人はいます。

時代とともなくなっていくものもあれば、新しい形態のサービスも生まれていきます。

今はフイルムはなくなり、デジタルカメラになっていますが、富士フイルムの会社は、その技術を健康食品に生かして、生き残っています。

いいものは残し、だめになりそうなものは古い考えや古いものにしがみつくのをやめ新しいものを受け入れるのも大事かもしれないですね!

========================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。