将来に備えて仕組みを作る

世の中には、

1.自分で働いて収入を得る人
2.お金を働かせて収入を得る人

がいます。

あなたはどちらか分かりませんが、
1の人は仕事がなけれな収入がありません。

特にコロナショックを経て
「仕事だけが収入源」であることのリスクを
痛感しているかもしれません。

それだけではありません。

先行き不透明な時代。
日本だけに資産を集中させることがリスクの時代でもあります。

だからこそ必要なのは、

世界中に資産を分散させながら、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
その資産を働かせて、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
チャリンチャリンと安定した収入を得る仕組み
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
だと思いませんか?

とはいえ、
急にこの仕組み作りを始めようと思っても
すぐに出来るものではありません。

メルマガ抜粋

~☆☆☆~

石田より

金持ち父さん貧乏父さんの著者で有名になった
ロバートキヨサキは
4つの収入をとる方法があると教えています。

1つは雇われて、自分の時間を切り売りして
収入を得る方法です。

2つ目は独立して自分で稼げるようになる事です。

ただ、この2つは労働収入で自分が働けなくなれば、
収入がストップします。

3つ目が仕組みを作っていくことで
収入の流れをつくり、自分が働けなくなっても
入ってくるようにします。

4つ目はお金に働いてもらい、お金を
増やしていきます。

この2つは権利収入といわれています。
モリンダIPCの石黒さんも話していましたが、
自分が事故にあって働けなくなった時にブティックの経営は
赤字で借金が残っていましたが、モリンダから収入が入ってきた
ので、ブティックの借金も返済でき、
モリンダをやっていてよかったと言っています。

今回のコロナで制限されて、
収入を得る続けることが
できるのは3つ目と4つ目です。

これからの時代は年金が足らないだけでなく、
介護、福祉、医療の負担も増えていきます。

その中で70歳以降も働かないといけない時代に
なっていきます。

年金2000万問題というのもありましたし、
破綻しないまでも財政難で年金だけで暮らしていくのは
苦しい時代になっていくのは間違いないです。

何年も前から言われていますが、これから
年金をもらって、老後を生きていくという人生設計では
なく、老後も働くか、お金が入ってくる仕組みを
作っていく必要があります。

最終的には投資家になるのが理想ですが、
それにはそれなりの資金が必要です。

少ないお金で大きなお金を生み出すには
相当勉強しないといけませんし、
詐欺にあったり、
お金に余裕がないと
相場に振り回されてしまいます。

まずは3の仕組みを作ってお金を生み出せるように
なっていったほうがベストだと思います。

そのお金を使って4でお金の勉強をして、
お金に働いてもらうようになれば、
老後も不安なく豊かな人生を生きていけるようになります。

幸運の女神は準備を終えたもののところにしか訪れないと
パスツールは名言を残しています。
幸運は用意された心の身に宿り、
偶然は準備のできていないところには微笑まないそうです。

目先の事でなく将来に時間とお金を投資することで
人生はよりよくなっていきます。

備えあれば憂いなしといわれるように
年金だけでは厳しいのは明らかなのですから
準備をしていきましょう!

私も投資を始めて初めは失敗から
始まっていますし、
うまくいくようになったのは
モリンダのおかげです。

========================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。