毎日いいことを考える習慣を身につけると人生はうまくいく

【名言】

明日のワクワクを
寝る前に考える。

松岡修造

【解説】

毎日ワクワクすることを
考えることがいい習慣です。

さらに良いのはそれを前日に
想像すること。

一日を大切に、幸せに生きている
人の良い習慣ですね。

メルマガ抜粋

~☆☆☆~

石田より

幸せに生きている人の習慣を身につけていきたいですね!

その方法はわくわくすること、楽しいこと
やりたいこと、行きたいところ、できたこと
良かったこと、感謝すること、がんばったこと
もしくはこうなりたい、ああなりたい
こんなのあったらいいなと想像することです。

幸せな人は我慢する人生を選びません。
ある時期、辛抱するしかないときもあります。

その辛抱は自分の望みや願望をかなえるために
辛抱をします。

今が我慢できない人生であれば、
そこから抜け出すために目先の
努力を惜しみません。

人生はこんなものと思ってしまったら
世の中の常識や既成概念に縛られて生きていくしか
なく、新しいものを受け入れることができず
時代に乗り遅れて、チャンスもつかみ損ねてしまいます。

その結果、過去を後悔し、未来は不安になり
目先の楽しみに走ってしまいます。

未来を想像し今、ベストを尽くしているのであれば、
恐れる必要はないようです。

自分が自分でだめだと思わない限り
人生にはバイオリズムがあり、
いったん悪くなったとしても必ず良くなっていくようです。

夜明け前は暗いというのは本当です。

私が違うステージに上がるときはその前に
必ず試練や困難があり、その時の状況では精神的にも
あまりよくない状態が続いた後です。

そんな中でも未来に希望を持ち信じて、
こういう人生を生きたいと思って
学び、やれることを続けていると
運が巡ってきて、結果的に人生が好転していきます。

世の中がどんな状況だろうと最終的に
自分の人生が良くなるかならないかは結局、
自分次第のようです。

私たちの脳は想像したこと
毎日考えていることを実現化する力を
持っています。

望んでいない事か望んでいることか
現実でないか現実かも区別しません。
時間の概念もないそうです。

だからこそ、意識の力を使って
望んでいる事かどうかを判断し、
望んでいないことを考えているとしたら
望むことに意識を向ける努力をしていく必要があります。

できない、自信がない、自分にはできないと
思っているとしたら、それは思い込みでしかないのですから、
そこから変えていきましょう!

誰も自動達成装置(脳機能)を持っています。

普通の生きているのであれば、
既に生きるという目的は
達成しています。

後は自分の望みをかなえるために
それを開放し、使っていけばいいだけなのです。

========================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。