博士のつぶやき

妊娠中に適度な運動を行うと、生まれてくる子どもは生涯を通して、糖尿病など代謝系疾患のリスクが減少する。これは、運動により母乳にシアリルラクトースが増えるからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。