ノニの論文がアクセプトされました。

ノニの論文がアクセプトされました。内容はノニのエキスがPDGF由来の炎症を抑えるというものです。PDGFは慢性炎症につながりアテローム性動脈硬化や線維増殖性疾患と関係があります。
これでモリンダ社が絡んだ研究論文は124報目になります。
このような基礎研究はさほど評価されませんが、コツコツと積み上げていきたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。