内なるエネルギーを呼び覚ますために安息日をつくる

From:リー・ミルティア

週末は色々邪魔が入ったり
やらなければならないことが増えたり
精神、肉体、感情や金銭面でエネルギーを使います。

自分のため、自分の思考能力や頭が必要としている物事に
使う時間がなくなってしまいます。

私たちは日々、物音、嫌なニュース、騒がしい音楽、
サイレン、建築現場から聞こえる騒音や
周りにいる人たちの会話が否応なしに耳に入ってきます。

静かな時間を敢えて持たないように
自分たちをプログラムしている人が
沢山いるような気がします。

もしかしたら
実際に自分が考えている事を知るのが
怖いのかもしれません。

部屋に入ると習慣ですぐにテレビやラジオや
パソコンのスイッチを入れる人が
実に沢山います。

1日のうち、1週間のうち
静かな時間を全く取ろうとしません。

正直なところ自分もそうだと思うのなら
現実の生活をチェックしてみて、
どうして自分の心の声を聞こうとしないのか
自分に聞いてみてください。

メディアでは毎日毎日暗いニュースや
経済の先行きは不安だと伝えています。

だからこそ
私たちには自分の考えや意思を整理するために
自分だけの静かな時間が必要です。

自分たちの意識や時間やエネルギーを何に傾けるべきなのか
もう自分たちに役に立たない昔からの習慣は何かを
見抜かなければいけません!

自分で選ぶことができる
そのパワーを皆さんは持っているのですよ!

週末に引きずられ
多くの人がそれに乗せられています。

今この時に自分にしてあげられる最高のプレゼントとは
静かな時間を持ち
自分の心の内の声を聴き
自分の心のケアすることです。

スピリチュアル講師は
見識を身につけたければ
静かな時間が必要だと考えます。

心の中の静かな空間に入り
外部の音をシャットアウト出来れば
新しい可能性やチャンスを見つかりますし

頭痛の種になっていた
問題の新しい、または今までとは違った
ソリューション(解決法)が見つかります。

静かな時間を持つと
自分のライフエネルギーが充電できます。
ぜひ皆さんももっと静かな時間を持つようにしてください。

休暇になると
何かと忙しくなってしまいますが
この時期こそ意識して静かな時間を作りましょう。

自分の心を健康に
そして幸せにするために行動すれば
最高の休日が過ごせます。

それができれば
もっと人間らしくなれます。

あなたは人間らしい人間ですか?
それともただ行動をしている人ですか?

終わりのない作業
ノンストップのアクティビティが
私たちの暮らしパターンになってきました。

この種の「ノンストップ作業」が
私たちをボロボロにし疲労困憊させています。

私がコーチングをしているクライアントの方々には
自分のスケジュールを根本的に見直し
7日間のうちの1日は仕事を一切しない
リラックスやリクリエーションのためだけ
家族と過ごす静かな時間にするように
アドバイスをしています。

これは何も新しいアイデアではありません。

ユダヤ教には1週間のうちの1日を
聖なる日、休息の日、リハビリテーションの日、
祈りの日、瞑想の日、思考の日、
仕事をせずに家族と過ごす「安息日」があります。

現在社会に生きる私たちには
ずっと失われてきたものです。

以前は土曜日か日曜日に休んでいましたが
今ではショッピングに行ったり
家の用事を片付けたり
支払いを済ませたり仕事をしています。

せめて1週間のうち1日は休んでもいいと思いませんか?

今回の休暇中にはぜひオフの時間を作り
ゆっくり休んで心の栄養補給をしてください!

豊かになりましょう!
リー・ミルティア

メルマガ抜粋

~☆☆☆~

石田より

ずっと頑張り続けられるといいですが、
脳も体も休めないと疲労は蓄積していくようです。
うまく疲れが取れないと慢性疲労化し、
生産性は落ちていきますます時間が無くなっていくと
いう悪循環に陥っていきます。

脳は使わないと衰えますが、脳も使いすぎると脳疲労を起こし
パソコンでいうフリーズを起こしてしまうようです。
固まってしまいあまり働かなくなってしまうのだそうです。

そうならないためにリフレッシュする習慣が必要なようです。
私は根詰めるタイプなので、しょっちゅう頭がぱんぱんになってしまい
頭の後頭部が痛くなる時があります。

そのたんびに頑張り続ける事はできないのだなと
気づかされます。

筋肉もそうですが、鍛えたら休めるということをしないと
鍛えるどころか痛めてしまうように脳も同じだそうです。

脳は使わないと衰えますが、
使いすぎも休ませないと脳疲労を起こしてしまい良くないようです。

集中力は最大でも90分だそうです。
同時にできるのは3つまでだそうです。

ある程度やった15分休ませる。
もしくは1日のうちリラックスの時間も必要なようです。

週に1度は何もしないで休ませることで
翌週に脳も体も回復し、生産性がアップさせることが
できより多くの事をできるようになるようです。

昔は夜は明りがなかったので、寝るしかなかったですが、
今は24時間眠らなくなっています。

その中でバランスを保つのは自分で意識しないとできなくなっています。

私たちは寝ている間に脳も体もリフレッシュして細胞を入れ替えたり
再生していますから睡眠も大事です。

睡眠がしっかりとれていないとせっかく覚えたことを
整理して記憶に残すチャンスを失くしているようなものだそうです。

良く寝る人は寿命が長いといいますし、
質のいい睡眠をとることで免疫力もアップしますから、
いい睡眠を取れるように工夫していく必要があるようです。

頑張ってばかりでなく、休ませることもが大事ですね!

体調不良を感じたら体が休みなさいという信号を出しているので、
回復させるのに一番いいのはゆっくり休むことだそうです。

今コロナの影響を受けて、自粛せざる負えない中でそうも
いかない人もいるかもしれませんが、
自分を見直し、しっかりしたリズムを作るチャンスかもしれません。

ローマは1日にして成らずと言われるように
私たちの人生は日々の積み重ねなのですから
理想を描いたら、それに近づくために日々の行動や体調を管理し、
脳を賢く使っていくことが大事ですね!

========================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。