健康論文

一昨日のセル誌にCOVID-19感染メカニズムの報告がでていました。SARS同様、ACE2(アンジオテンシン変換酵素2)を足掛かりに感染するようです。たぶん、子供が感染しないのはACEが発現していないからでしょうし、心疾患患者が重篤しやすいのも、それが理由です。

論文のなかに、カモスタット(小野薬品のフオイパンとか)が有効な薬として登場しています。もともとはSARS阻害薬として国立感染症が見出したものです。
今回、COVID-19では、過去のSARS研究が大変役にたっています。サイエンスは万能ではありませんが、確実に前へ進んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。