睡眠の質をよくし生産性が上げる

習慣化コンサルタントの古川です。

ある経営者が、
起業したての若者に
「頑張って来たましたがなかなか結果が出ません」
と力尽きるように相談しました。

そうするとその経営者は
「君は何時間寝ているのかね」

若者は、
「6時間です。」

と答えると、惰眠を貪るな!私は4時間で働いて来た。
寝る間を惜しんで働くから結果が出るんだ!

と叱った。

さて、この話、
私は根性論も好きなので、
嫌いではないんですね。

寝る間を惜しんで働く。
私も起業準備をしているときは、
起きている間中仕事をしていましたし、
大量に努力を投入すべきときはあります。

この話の本質は2時間余計に働け
というより、もっと自分の限界を突破して行け。
というマインド面へのメッセージですね。

寝る間を惜しんで働く!
は今の時代は、働き方改革などの影響で
「リゲイン世代・・24時間働けますか?」も
あまり持て囃されなくなって来ているので、
影を潜めているかもしれませんが、

寝る間を惜しむことは、
結局、効率が悪くなる。

と思います。

私は毎日、
睡眠に8時間投資しています。

寝るときにはバイブレーションタイマーを
8時間に設定して、これが震えるまではしっかりと
寝るようにしています。

もちろん、24時間ある中で、8時間投資すると
起きている時間は、16時間になります。

6時間睡眠なら、2時間自由時間が増えるので、
自由時間の2時間は大きいですよね。

でも私はこの2時間を睡眠に投資して、
起きている16時間の猛烈パワーに変えています。

体質によりますが、
私が6時間睡眠だと

・起きてから動き出すまでに睡魔と戦う必要がある。
・動き出すまでにダラダラする時間が増える
・朝から執筆、音声収録、コンテンツ作りに頭が働かない。
・お昼ご飯後、極度に眠たくなる。
(基本、会社員ではないので職場の他者からの緊張感はない)
・夕方になるとパワーダウンして、カフェインで自分を奮い立たせないと
 いけない。
・先延ばしが増えてくる。
・全体的に起きている時間の幸福度が下がっていく。

これが8時間になると全く違います。

・朝起きてから仕事をスタートするまでの時間が短くなる。
・朝からパワーにみなぎり、瞑想したり目標やビジョンを設定できる
・午前中3時間、執筆でクリエイティブなアイデアが爆発する
・昼食後眠たくならない。
・夕方になっても余力があり仕事を終える。
・仕事を猛烈な高密度集中(15分区切り)で片付けられる
・夜は空手の稽古をする余力がある。
・起きている時間はパワーにみなぎっている

という感じです。

これが経営者となれば話は別かもしれませんが、
私にとって寝る間を惜しむことは膨大なロスが発生します。

さらに、長い人生において
睡眠不足、睡眠負債は様々な病気に発展していきます。
それにより、もし10歳早死にすることになるとしたら、
睡眠に投資する時間を増やすことはトータルで考えても
有益ではないか。

目先の時間を惜しいのは
痛いほど理解できますが、もう少し睡眠に投資をしたら、
エナジードリンクがいらず、パワーがある生活が手に入ります。

どうぞ、新年、
睡眠への投資を増やしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ抜粋

~☆☆☆~

石田より

運をよくしたければ情報の質というのもありますが、
運をよく思考をクリアにするには睡眠の質も大事なようです。

昔は電気がなかったため、
夜は寝るしかなかったかもしれません。

今は電気があるためいくらでも起きていることが
できます。

いろんな仕事があり、夜と昼が逆転してしまう
場合もあります。

昔より健康を保つためには自己管理が必要な
時代になっているかもしれません。

人それぞれ、一番やる気になり、生産性の上がる
睡眠を確保する必要があるようです。

寝る間も惜しんで働けという人もいますが、
寝ないで働くことは実際不可能ですし、
無理をすると病気をしてしまいます。

実際は寝なくてもいいくらい情熱を持って仕事を
しなさいそうすれば成功するということだと
思います。

ショートススリーパーという人たちが
いて、45分しか寝ないで平気な人も
いるようですが、ただ、このひとたちは
途中にパワーナップといって、15分から
20分の短い睡眠を取り入れているようです。

だらだら働くのでなく、メリハリをつけて
働くことで生産性が上がり、より多くのことを
短時間で仕上げることができるようです。

私はトレーニングしていた時は体の疲れを
とるには8時間寝なければ、いけないと
思っていましたが、良質なサプリメントとることで
睡眠時間は6時間でも大丈夫と思うように
なりました。

ただ、一人で作業しているとどうしてもだれてきて
眠くなる時があるので、眠いのを我慢するのでなく
パワーナップ(10分から20分くらいの仮眠)を使って、
生産性を上げるようにしています。

一日中ずっと集中するのは不可能なようです。
集中力を取り戻す方法が
パワーナップか瞑想(2分から10分)のようです。

夜の睡眠の質を高めるには夜寝る直前まで
パソコンを見たり、テレビをつけていない方が
いいようです。

お風呂に入り、リラックスして寝ると
いいそうです。

軽いストレッチをするのもいいようです。

ぐっすり寝れた感があれば、朝気分よく
起きれますから、朝から生産性が上がり
良いスタートを切れます。

その人のリズムがありますから
自分が一番調子よく
生産性が上がる状態を見つけると
いいと思います。

世の中の80%のお金持ちは
健康管理や状態管理を
しっかりしているようです。

そうすることで生産性も上がり
思考もよくなり運もよくなっていきます。

========================================================

AGEレス(糖化レス)健康料理教室・AGE測定会のご案内

10月のAGEレス(糖化レス)健康料理教室のテーマは「秋の夜長のお供に!大人のおやつ特集」

10月16日土曜日 〇
10月31日日曜日 〇

12時30分~16時30分
受付12時15分
新宿落合 MCAサロン健心亭にて

安心・安全・簡単・AGEレス(糖化レス)健康料理教室、AGE測定会を開催します

定員6名

参加費2700円(レシピ、テキスト代、AGE測定費用含む)

お申込みは開催日の7日前までに
又、定員を満たしましたら締め切らさせていただきます

 

申し込みはこちらから

簡単AGEレス健康料理教室のお申込みはこちらから

 

AGEレス(糖化レス)健康料理教室

11月20日土曜日 〇
11月28日日曜日 〇

12時30分~16時30分
受付12時15分
新宿落合 MCAサロン健心亭にて

安心・安全・簡単・AGEレス(糖化レス)健康料理教室、AGE測定会を開催します

定員6名

参加費2700円(レシピ、テキスト代、AGE測定費用含む)

お申込みは開催日の7日前までに
又、定員を満たしましたら締め切らさせていただきます

 

申し込みはこちらから

簡単AGEレス健康料理教室のお申込みはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です