うまくいく習慣や考え方を真似る

「常に目的意識やチーム意識を持つ」
「全て当事者意識を持つ」
「時間への意識を高める」
何気なく使う「意識」という言葉。みなさん、自分の意識を変えたい。
しかし、この意識を変える・高めるというのはなかなか実現することが難しいです。
意識を変えるにはどうすればいいか。

習慣化のお手伝いをしている中で確信しているのは、
まず行動を変えなければならないということです。
例えば、行動・思考・言葉・人間関係などを、
これまでと違うものにすることで、ようやく意識も変化していくものなのです。
最初から意識を変えようと思っても、難しい。
意識は残念ながら直接、変えることはできません。

メルマガ抜粋

~☆☆☆~

石田より

意識が変わったかなと思っても
意識はすぐに戻ります。

今やる気になっても、そのやる気も
時間とともに薄れていきます。

いつも自分に戻ってしまうのです。
その結果、誰もが人生を変えるのは
難しいと思ってあきらめていきます。

要するに習慣の奴隷になっているのです。

3つ後の魂百までもといわれるように
選択したのでなく、知らない間に身に着けた
習慣や考え方に人生を支配されて生きているのです。

私たちの1日の行動は95%は無意識で行われています。
ほとんどの行動は考えなくてもできます。
だからこそ1日楽に生きていけます。

ただ、自分がこうなりたいと夢を描いた時に
それに役立つ習慣と考え方でない場合がほとんどです。

うまくいっている人は何かの環境で役立つ習慣や考え方を
身に着けてきた人たちです。

うまくいっていて、それ以上の人生を望まないのであれば、
変えていく必要はありませんが、
うまくいっていないと感じているて
今以上の人生を手に入れたいと思っているのであれば、
古い習慣や考え方を捨て、新しい習慣や考え方を身に着けていく必要が
あります。

意識で頑張っても、報われません。
95%は無意識でやっているのですから、
その無意識の部分を変えていく必要があります。

うまくいく習慣や考え方があるように
うまくいく習慣や考え方があります。

それに気づき変えていけば、人生で
得られる結果は変わってきます。

========================================================

石田友喜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。