自己責任=自由

結局は、運命は自分持ち。
他人のせいにしている内は、幸運はやって来ない。
全ては、自ら撒いた種、自業自得に徹した時、全てが糧となり、
学びとなり、成長の踏み石となる。

見山敏の「運を良くする魔法の言葉」

~☆☆☆~

石田より

コントロールできるものは自分と未来だけ

他人を変えようとするとイライラが募るだけです。
また、反発されます。

現実は心の投影だと考えると変えたほうがいいのは
自分の考え方や受け取り方です。

出来事に意味はないと言われています。

私たち一人ひとり同じ出来事でも受け取り方や
感じ方は違います。

そしてそれは育ってきた環境によって左右されます。

みんなが同じことはありません。

自分が好きなことが他人も好きとは限りません。
自分が嫌いなことを好きな人もいます。

それぞれ違うことを認めることが必要なようです。

個性心理学は違いを明らかにし、あきらめ
受け入れることが大事なようです。

私が奥さんと全くけんかをしなくなったのも
違いを理解し、奥さんを変えようとするのをやめ
そのまま受け入れらるようになってからです。

受容思考が大事だそうです。
無理して合わせるのでなく、そういう考え方や
受け取り方もあるのだなとただ、思うだけで
いいようです。

自分には自分の考えや受け取り方があるように
相手にもあります。

それを変えようとして、こうすべきという
思いがあるとイライラしてしまいます。

何かを嫌なことをされたら、いうべきことは言わないと
相手もわかりませんから言う必要があります。

ただ、それ以外は無理に変えようとせず、
ほっておくことが大事なようです。

自分の目の前に起こっている現象は
自分の意味づけの結果です。

出来事を変えることはできませんが、
意味づけを変えれば、感じ方が変わります。

変えられることと変えられないことを自覚し
すべては自分次第と思えば、
自由になっていけるようです。

こうすべきという考えが世界に
争いや戦争を生んでいるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。