元中学の校長先生と一緒に、身体と、心と、教育を考えます

ロスで色々と学ばせて頂き数日前に帰ってきました。

 

学びを通して改めて思い出しました。

日本薬剤師学会会長の児玉孝さんが「薬は毒である」と発言されて一年ほど経つので

しょうか。

日本人の薬好きの根は、まだまだ深いと感じています。

 

風邪の熱でも、頭痛でも、高血圧でも、高血糖でも、鬱でも、体や心が痛んでいる、

壊れているよって教えようとしているシグナルで。

薬がしてくれるのは、現象や症状を一時抑えてくれるだけ。

 

だから薬が切れると元の状態に。

抑えてくれている間に、生活や食、環境を改めて元を正さなくては何にもならない。

そんなことを強く感じさせてくれたロサンジェルスの日々でした。

 

研修所とホテルの往復。

ホテルの洗面所を使って自炊。

サラダやサンドイッチなどの低温調理の三食。

 

夜は手料理とビールとワインで仲間たちと語り合って。

 

何だか落ち着いて充実していてとても楽しかったですよ。

 14248023598071424802331674

学の方は、やはり糖化とAGE。

生活習慣病のように自分で作ってしまう病気には糖化とAGEが大きく関わってい

て、それにどのように対処すべきかが中心に。

 

詳細は長くなり文字に出来ませんが、AGEや糖化、薬の危険性と食の安全を考える

会を

川崎の矢向で3月12日木曜日

北区赤羽で3月19日木曜

に行います。

 

19日の赤羽には、元中学校の校長先生で現役の先生相手にカウンセリングも行って

いる坂本大典先生が心のケアと教育の話しもしてくださいます。

宜しかったらお出かけ下さい。

 IMG_0136

《矢向健康セミナー》

「AGEって御存知ですか」

3月12日木曜日 13時~15時

横浜市鶴見区矢向5-2-14

陶芸サロン「楽」

参加希望の方は下記まで御連絡を

下野譲嗣

fax  03-6893-0097

携帯 090-5540-6558

address georgi.ver100@gmail.com

 

《赤羽健康セミナー》

「坂本大典と三吉健心が教育と、食と、人を考える」

3月19日木曜日 13時30分~16時30分

赤羽文化センター

北区赤羽西1-6-1

電話03-3906-3911

参加希望の方は下記まで御連絡を

info@mca-life.net

 

坂本大典

昭和26年4月7日生まれ

平成15年川口市立青木中学校長

平成18年川口市教育委員会学務課主幹

平成19年 同課長

平成20年川口市教育委員会学校教育部長

平成22年川口市立南中学校長

平成24年東邦音楽大学特任准教授

 

日本教職員メンタルヘルスカウンセラー協会顧問

同公認定カウンセラー

著書

「教育つれづれ草」

「日本人の百年戦争」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カメラマンに柔道の指導員、趣味の合気道。 どれも体を使うのですが、特に柔道始動や写真の取材で子供たちの活動や生活に触れると、食べることの大切さを突き付けられます。 その上、元々食べることも料理も大好きで・・・。 実は幼少のころは虚弱体質。 母親が一生懸命料理して、色々な物を取り入れてくれて、今は体力自慢、丈夫自慢。 そんな経験が今の思いと活動の源です。