M=モツの C=センタープレーヤー、レバーは A=案外使いやすい

一手間シリーズpart3
モツってかなり手間がかかる食材って思われがち(^-^;
確かに、部位によったり、薄味に上品に、きめ細やかに調理しようとすると、血抜きしたり、何回も茹でこぼしたりって言う現実も。
レバーもパンに塗るようなペースト等にする時には徹底的な水洗いなどが必要ですが、あっけない程簡単に美味しくって言うのも有るんですよ(^^)v
鶏レバーを甘辛生姜風味で楽しむ


材料
鶏レバー 400〜450g
椎茸大 3~4個
生姜 80~100g
酒大さじ 3
ミリン 大さじ3
薄口醤油 大さじ2
胡麻油 大さじ1


椎茸と生姜は薄切りで準備。


鶏レバー、何もしなくて良いです。
そのまま鍋に、そこに椎茸と生姜の薄切りを。
生姜80~100グラムって切ってみると「こんなに?」感じる位の量です。
大丈夫、この量が大切なんです。


そこに御酒とミリン、食材が浸かる位の水を入れて強火で煮立ったら中弱火に。


10分位したら薄口醤油で味付け。
基準は大さじ2ですが、鍋の大きさや形状で水の量が違ってきますから味見しながら、煮詰めることを前提にお吸い物で飲めるかなって言う濃さで。


後は、焦げ付かないように注意しながら煮詰めるだけ。
途中、レバー特有のにおいを感じますが大丈夫。
仕上がりのころには、生姜の香りが勝って、しかも煮詰めているのでまろやかな仕上がりに。
汁気が鍋底に少し残るくらいに煮詰めたら完成です。


和風レバーペーストみたいなイメージでgood。
ウチのカミサン、レバーが余り得意じゃないんですが、これは好きで喜んで食べます。
好みで胡麻油をかけて食べても旨いですよ。

MCAブログ

http://ameblo.jp/wakuwakumca

日本臨床栄養協会認定サプリメントアドバイザー
三吉健心
チームMCAは
M=マンジャーレ(食べて) C=カンターレ(歌って、楽しんで) A=アモーレ(愛し合い、支え合う)
皆で、美味しく食べて、楽しんで、支え合って良くなろうって言う仲間の集まりです。

AD