M=面倒な C=下拵えが A=案外楽に

一手間シリーズ2回目。
エビの殻と背わた(背中の部分に有る黒い筋で、残っているとジャリジャリした食感が)の処理って、面倒だと思ってません?
コツと要領さえつかんだら、これも意外に簡単です。
殻が剥かれたものを使っても良いのですが、手間がかかっている分少し割高。
少し慣れれば一匹2~30秒で処理出来ちゃいますからチャレンジしてみて下さい。
AGEレス簡単エビとトマトの爽やかオードブル


材料
冷凍エビ 8〜10本
プチトマト 5〜6個
レモン 1/2個
ニンニク 1片
薄口醤油 大さじ 1/2
オリーブオイル 大さじ1


最初のポイント。
他の作業を始める前に冷凍エビを水に漬けること。
結構ビックリするほど短時間に解凍出来て、殻もスルッとむけるようになりますよ(^^)v


レモンの皮の黄色い部分をみじん切りにして果汁と薄口醤油と合わせてマリネ液準備完了。
今回の料理で一番手間がかかるのが、意外にレモンの皮のみじん切りなんです。
そうこうしている内に、いつの間にか5~10分程すぎています。
そうするとエビが七部程度の適度な解凍状態に。


ポイント2
余り解凍が進むと身が水っぽくなるので、ここで水から上げて殻剥き。
足の方から縦に殻を裂くように剥くとスルッと殻が外れて結構快感ですよ。
ポイント3
背わた取り。
思い切って背中を縦に開くと黒い筋が見えるので、それが背わた!
軽く洗い流して下さい。


後はしっかりと沸いたお湯にエビを入れてもう一度沸きかけたなってところで取り出してマリネ液に投入。


エビって火が通りやすいので完全にお湯が沸き切るタイミングだと火が通りすぎて身がパサつきますので御注意を。
実は写真を撮るのに、ちょっとタイミングが遅れて次の写真みたいに沸き切ってちょっとパサついちゃいました。


マリネ液を馴染ませてオリーブオイルを振りかけたら出来上がりです。
良く冷やしてトマトをあしらって(^_-)-☆

mca2

みてみて!ほらね。人生はもっと素晴らしい!MCA

日本臨床栄養協会認定サプリメントアドバイザー
三吉健心
チームMCAは
M=マンジャーレ(食べて) C=カンターレ(歌って、楽しんで) A=アモーレ(愛し合い、支え合う)
皆で、美味しく食べて、楽しんで、支え合って良くなろうって言う仲間の集まりです。