M=みんなが C=知っている A=安心の味わい

「煮物が出来るってすごいね」何て言われることが有るのですが、一度手順覚えちゃえば難しくないと思ってます。
調理時間が長い分、途中で味の修正もしやすいし(#^.^#)
オーソドックスな作り方も素晴らしいのですが、ちょっとタイミングを変えると食べた時のインパクトの変化も楽しめて面白い料理です。
タイミングでちょっとイメチェン肉じゃが


材料
牛肩ロースか牛バラ薄切り 350g
ジャガイモ 2〜3個
玉ねぎ 1個
椎茸 5〜6個
酒 1/2カップ
ミリン 大さじ2〜3
塩 大さじ1〜2
削り節10〜15g


今日の肉じゃがは、お肉の御出汁もしっかり使いたいので水から煮て行きます。
なのでパサつかないように脂が多めの肩ロースかバラがお勧め。
最初にお肉に酒とミリンを揉み込んでおきます。


酒、ミリンを馴染ませている間に御野菜の準備。
御野菜を切り揃えたら全部合わせて食材が浸る位の水を入れて強火で、煮立ったら弱火で煮込むこと5分。


5分経ったら塩を味見しながら投入。
更に10分程で煮あがり。
これで食べてもお肉の出汁が効いていて結構旨いんですけど、ここで削り節を入れると鰹だしがガツンと効いてインパクトアップ。

昨年12月5日に御紹介した「湯餅」を試して頂いた方はお分かり頂けると思うのですが、普通に出汁を取った時とは違う味わいになって面白いですよ。

mca2

みてみて!ほらね。人生はもっと素晴らしい!MCA

日本臨床栄養協会認定サプリメントアドバイザー
三吉健心
チームMCAは
M=マンジャーレ(食べて) C=カンターレ(歌って、楽しんで) A=アモーレ(愛し合い、支え合う)
皆で、美味しく食べて、楽しんで、支え合って良くなろうって言う仲間の集まりです。
「簡単AGEレス料理レシピ」バックナンバーはこちら

AD