1月7日は七草粥

もちろん今朝、七草粥をいただきました。

そんなことで七草粥についてWikipediaを見てみたらこんなことが書いていました!

「七草粥の由来について」

御伽草子の七草草子に、説話が語られているそうです。

唐の楚国に、ある親孝行者がいた。
両親はもう百歳を越し体がままならず、そんな両親を嘆き悲しんだ親孝行者は、山に入って21日間もの苦行を行い祈願した。

「私に老いを移してもいいのでどうか両親を若返らせてください」と

そこに天上の帝釈天からお告げがあった。

「毎年春のはじめに七種の草を食べること。
1月6日までに7種類の草の集めておくこと。
次の時刻に柳で作った器に種を載せ、玉椿の枝で叩くこと。
酉の刻から芹
戌の刻から薺
亥の刻から御形
子の刻から田平子
丑の刻から仏座
寅の刻から菘
卯の刻から清白
辰の刻からこれらの種を合わせ、東から清水を汲んできて、これを煮て食べること。
一口で10歳、七口で70歳若返るので、ついには8000年生きることができよう。」

もちろんこの親孝行者はこの教えを守り、両親に食べさせたところ、たちまち若返ったとのこと。
そしてこの話が世に伝わり、噂を聞いた当時の帝がこの親孝行者に感動して位を譲った。という。
これが、七草の由来であり、ともに、親孝行の功徳を説いた話だそうです。

昔から食が若返りや健康にとても大切だってことですね!

なんと言っても「食」という字は「人を良くする」と書いて「食」ですもんね!

あなたはも是非
安心安全簡単な健康料理で
「美」「若さ」「健康」を手に入れて下さい!

「AGEレス健康料理教室」
1月14日土曜日13時15分~
川口中央ふれあい館でお会いしましょう!