M=守るための C=コストと A=有るべき姿
命を守ると言う仕事は色々と有りますよね。
医療関係、警察官、救急隊、広い意味では命の源を提供してくれる農業や漁業牧畜も。
勿論、子供の命を守り育てるのですから親と言う仕事も命を守っている。
見返りを求めずに、信じ全てを預けて来る命を守り育てるのですから、大変大きな責任の有る仕事ですよね。
と同時に大きな喜びを与えてくれる仕事でもあると思いませんか。
実は、信じ切って全てを預けてくる命と言う意味では、ペットと暮らすと言うことも同程度の責任と覚悟が求められると思っています。
その責任と覚悟を放棄した飼い主に捨てられた命と、彼らの最後を見送る仕事。
凄い記事です。
この現実を変える為に最も大切なのは個人意識だとはおもうのですが・・・。
記事に書かれている現実に至る手前で、命の保護を懸命に実践している団体フェアリーハウス。
ここに限らず、多くの団体が圧倒的に資金も人手も不足していて。
現実を動かすには資金と人手は必須。
ささやかですが、そんな活動の御手伝いをします。
宜しかったらお出かけ下さい。
命を救う一つの実践です。

ペットと元気になるランチバイキングセミナー
8月14日日曜日
11時~14時
ドックカフェbikke
MCAブログ

http://mca-life.net

日本臨床栄養協会認定サプリメントアドバイザー
三吉健心
チームMCAは
M=マンジャーレ(食べて) C=カンターレ(歌って、楽しんで) A=アモーレ(愛し合い、支え合う)
皆で、美味しく食べて、楽しんで、支え合って良くなろうって言う仲間の集まりです。