5/31、兎に角よく晴れた日曜日でしたね。
5月だと言うのに気温30℃オーバーの声があちらこちらで。
そんな日曜日、山梨に田植体験をお仲間14人と。

他からの参加者を含めると30人程に。

当然ですが、陽射しを遮るものが何もない田んぼでの2時間の作業。
高齢の女性や子供も参加していたので熱中症を心配していたのですが、スネの辺りまで包み込んでくれる水田の土が適度に体を冷やしてくれます。

30℃を越える気温と直射日光。

中腰で土の中に稲を差し込む作業。
常識的には汗ビッショリで喉もカラカラ、頭もフラフラになるのではと。
ところが、うっすらと額に汗が浮く程度で、時折吹くそよ風をとても気持ちよく感じながらの二時間でした。

但し作業は、等間隔に稲を埋め込む正確さを求められる反復運動。

一人では辛くなるなと!

だからこそ昔から、村の皆さんは力を合わせて、田植歌を歌いながらの農作業。
子供たちは、働く大人たちの姿を見ながら泥んこ遊びに。

当日も、歌こそ出ませんでしたが冗談を言い合ったり、掛け声を掛け合ったり。
日本独特のコミュニティ文化の源は、ここに有るんだなと少しだけ感じたりして!

一生懸命働く大人たちの姿を間近に見ているのですから、親の威厳も有ったでしょうし、食べ物や大人や社会への感謝の気持ちも自然と育ったのだろうなと。

素敵な休日、素敵なMCA活動でした。

日本臨床栄養協会
サプリメントアドバイザー
三吉健心

o0720040412962256854