M=みんなで C=ちゃんと考えないと A=危ないことに

このタイトルの時には、お薬や医療との関わり方のお話が多くて・・・。

身体を作る源は「食」で、それを大事にしたいなと思って色々とやっていたらCCHRやオルタナティブとの御縁が出来て。
その流れで御縁が出来たDCI(Defence for Children International)と言う団体の勉強会に2月11日に。

CCHRは、専門領域と言う壁に隠れて悪さをしている医療関係者(特に精神科医療関係)を法の下に引っぱり出して、オルタナティブは向精神薬でボロボロにされてしまった当事者と支援者の会、DCIも医療や薬への関わり方を真剣に考えようと言う道筋は全く同じで!

ただ、直球勝負をすると多くの人にドン引きされて、場合によっては敵を沢山作っちゃうから変化球でという姿勢かなと。

国連に働きかけて「パラグラフ60 61」と言うのを勝ち取って、
http://www.fben.jp/bookcolumn/2012/03/post_3190.html
「ADHDが薬物による治療が有益だと言う考え方、発症した原因の社会的背景が配慮されていないことが大きな問題で有ることも指摘されている。
薬品産業界から独立した組織を作ってADHDに関する研究をするように」という勧告が2010年に日本政府にされているのだそうです。

それと、多くの子供が大人との人間関係が貧弱が故に情緒的に健全に発達出来ていない、幸せに生きていけないと言う勧告も出ていると。

楽しくご飯作って、みんなで食卓を囲んで、楽しく食べるってい言うのが基本の基ですね、と改めて思った次第。
チームMCAの姿勢と考え方って本当に大事だなって
M=マンジャーレ(食べて) C=カンターレ(歌って、楽しんで) A=アモーレ(愛し合う、支え合う)

講演者はフリーライターの嶋田和子氏
その後に
DCI日本代表、一橋大学大学名誉教授、弁護士福田雅章氏 心理カウンセラー、フリーライター木附千晶氏 と講演者の嶋田和子氏の鼎談でした。
mca2

みてみて!ほらね。人生はもっと素晴らしい!MCA


日本臨床栄養協会認定サプリメントアドバイザー
三吉健心

image

rp_t02200293_0720096013566397539.jpg