ちゃんとした「塩」

M=ミネラルは C=ちゃんと摂らないと A=危ないよ
とかく悪者になりがちな塩。
減塩しろって言われたこと有りません?
確かに塩化ナトリウムだけぶち込んでたら体はおかしくなりますよ。
大分涼しくなってきましたけど、暑い日に大汗かいた後に水だけ補給していてもだめだよって言うのは、もう大分知れ渡ってきましたよね。
汗と一緒に塩分が出て水だけ大量に飲んでいると、体内のミネラルバランスが崩れて最悪心臓が止まっちゃう。
それだけ塩って体にとって大切なもの。
じゃ何で塩が悪者のように言われるようになっちゃったか。
実は悪者は塩じゃ無くて、最初にも書いた塩化ナトリウム。
精製塩って言う奴は99%塩化ナトリウム。
イオン交換膜法って言うやり方で「塩化ナトリウム」、言って見れば塩っ気だけを取り出して、他の大切なミネラル成分を捨てちゃったもの。
海水を煮詰めて大切に作っていた塩とは全くの別物。
これじゃ色々なバランスを崩すし体に悪さをするわけです!
昔、肉体労働をする方が水を飲むときに一緒に塩を舐めていたって言いますけど「精製塩」じゃダメですからね。
塩って言うのは海水を凝縮した、まさに海のミネラルバランスをそのままに、大海の恵みを丸ごと頂ける有り難いものなんですね、本当は。
で、大分前ですが、どんな塩がお勧めですかって農業研究家の佐藤裕治さんに聞いたことが。
農業だけじゃ無くて、調味料なんかも色々と吟味していて面白い先生なんです。
佐藤さんの御すすめがこれでした。
「海の精」。
当たり前なのかも知れませんが、料理の味が変わります。
全体に味が丸くなって角が取れるって言う感じ。
ちょっとお高めでは有りますが、体のことを考えて大切にしようと思ったら安いもんです。
三吉も愛用していてお勧めです。

日本臨床栄養協会認定サプリメントアドバイザー
三吉健心

t02200124_0800045013401242882

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カメラマンに柔道の指導員、趣味の合気道。 どれも体を使うのですが、特に柔道始動や写真の取材で子供たちの活動や生活に触れると、食べることの大切さを突き付けられます。 その上、元々食べることも料理も大好きで・・・。 実は幼少のころは虚弱体質。 母親が一生懸命料理して、色々な物を取り入れてくれて、今は体力自慢、丈夫自慢。 そんな経験が今の思いと活動の源です。