当然ながら、
銅メダルを取った選手
よりも
銀メダルを取った選手の方が
優れている。

何故ならメダルは
金>銀>銅の順位で
与えられるからだ。

じゃあ、このなかで
誰が一番、
結果に不満を
抱いているだろうか?

金メダリスト?
銀メダリスト?
銅メダリスト?

もちろん、
金メダルを取った人から
順番に満足度が
下がっていくと考えるのが
合理的な考えと言うものだ。

しかし、現実は違う。

心理学的にもこの中で
一番満足度が低いのは
驚くなかれ、「銀メダル」を
取った人なのだ。

これは論理的に考えると
全く不可解な話だ。
しかし、人間の心理を
良く考えてみると
その秘密が分かる。

そして、その秘密は
僕らの生活に
根深く影響している。

つまり、銀メダリストは
「あとちょっとで
金メダルを取れた」
と言う考えで頭が
いっぱいになる。

それに対して
銅メダリストは
「メダルを取れた!」
という考えで
頭がいっぱいになる。

つまり比較の問題。

銀メダリストは
金メダルと比較するので
満足度が低い。
一方、銅メダリストは、
メダルを取れなかった
その他、大勢の人たちと
比較するので満足度が高い。

明かに銀メダルの方が
優れているにも関わらず、
銅メダルのほうが
満足度が高いのだ。

これがどのように
あなたの毎日の
生活と影響してくるか?

答えは僕が話さなくても
明らかだ。

自分で考えてみよう。

これだけのヒントがあれば、
何かしらの気づきがあるはずだ。
幸せになるための気づきが…

メール抜粋

他人と比較したり、上をみたらキリがありません。

常にベストを尽くし、毎日を目標を持って生きていくことが大事なようです。

自分を超える

比較すべきは自分なのです。

昨日に自分より、今日の自分が少しでも成長していますか?

成長しているなら、必ず、目標は達成される時が来るはずです。

成長していないなら、もっと成長に意識を向ける必要があるようです。

成長なしに目標が達成されることはないからです。

足るを知る

ないものを嘆くより、あるものに感謝することでさらに豊かになっていくようです。

すべてのものは心の現象

不足感は不足を生み

充足感は充足を生む

宇宙の法則だそうです。

成功者が感謝を大事にし、実践しているのは宇宙の法則を理解しているからのようです。

今、感謝できることはなんですか?

今日一日より成長するために何をしますか?