「一流と二流の違いは何か?」

 

ある有名な監督が言っていたが、

一流の選手と、

ずっと二流のままでいる選手には

ちょっとした

違いがあるという・・・

 

同じ環境にいて、

同じ練習をしてるはずなのに

なぜか、

一流になる選手と二流の選手が出る。

 

それは才能ではない。

 

プロ野球に入ってくるような人たちは

たいてい才能は持っている。

 

イチローなんかでもプロ野球に

入りたての頃は、評価は決して

高くなかった。

 

しかし彼は今では

超がつくほどの一流選手。

 

何が一流と二流を分けるのか?

 

その監督によれば、それは、

”失敗”への対処の仕方だという。

 

つまり、一流の選手も

二流の選手もどちらも同じように

”失敗”はする。

 

しかし、一流の選手は

”失敗”したら、

次はミスしないように

次はもっとうまくできるように

と、考える。

 

頭を使う。

 

二流のまま終わる人は考えない。

 

”考える”という行為は

人間の仕事の中でも

最も重労働。

 

よく考える人は、

肉体労働をしてる人と

同じくらい

エネルギーを消費する。

 

だからこそ、

その重労働をして、

次のプレイに備える

選手はのびるという。

 

スポーツのような

肉体を主に使う競技でさえ、

”考える”人間が

頭一つ抜きん出る。

 

だとすれば、

ビジネスのような

主に肉体だけでなく、

知力を使うような

競技であればどうなるだろう?

 

 

自分を改善して成長させるには、

常に考えなければいけない。

 

 

自分のどの部分が足りないか?

どの部分がうまくできてるか?

どうすればもっとうまくできるか?

 

それを自分自身で

考えなければいけない。

 

あなたの抱えている問題は

あなた固有の問題で

誰もその問題を

あなたほど理解していない。

 

だから、誰か

メンターみたいな人がやってきて、

あなたの問題を一瞬で

解決してくれる・・・

というような幻想は捨てて

 

自分で

プロアクティブに動いて、

自分で解決、

成長させなければならない。

 

自己の成長も、

ビジネスの成功も

待っている人間には

何も起きないのだ。

 

メール抜粋

 

 

 

 

成功者の多くが、多くの失敗や挫折も経験をしているようです。

 

 

最初から100%うまくいくことはなかなかありません。

 

 

失敗を恐れていたら何も出来なくなります。

 

成功者は多くの失敗を経験し、それを乗り越え

 

少しづつ上達してきた人たちです。

 

 

何か新しいことを始める時失敗は避けて通れないようです。

 

多くの人がここであきらめていくので、成功への登竜門と言っていいかもしれません。

 

 

失敗したあとどういう反応をするかによって

あとの結果が変わってきます。

 

 

成功と失敗を分けるのは失敗に対する心構えのようです。

 

 

大きな成功も小さな成功の積み重ねである。

青木 仁志